マラソンにマッサージの効果は?タイミングは?前日は?

マラソンの練習やレースで疲労した筋肉のマッサージの効果は期待できるものの、重要なのはタイミングです。

マラソンのレースの前日のマッサージは、筋肉を必要以上に弛緩させてしまい、効果があるとは言い難く、レース前にマッサージを受けるのであれば、前日よりも2日前の方が良いと思います。

練習で毎回マッサージを受けるよりも、自分の体の状態をしっかりと判断できることが重要です。

マラソンの練習の効果は、ある程度筋肉に負荷がかかった状態でのトレーニングの方が効果的です。

その意味では、あまりにマッサージに頼る筋肉のほぐし効果を期待するよりも、ストレッチなどでの自己管理の仕方を習得する方が得策です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンにマッサージの効果は?

マラソンにマッサージの効果は、自然回復できない筋肉や全身状態を回復することが期待できます。

競技性を追求して走るランナーであれば、追い込んだ練習をおこない、一秒を減らすために体を酷使します。

そのような練習の場合には、練習終了後に、信頼できるトレーナーなどにマッサージを受けることが必要です。

実業団の選手などには、専属のトレーナーなどがついてレースの前日まで体の状態を客観的に判断してくれます。

マッサージには、練習で蓄積される疲労や筋肉の張りを取る効果が期待できる反面、筋肉を弛緩させすぎると、翌日以降のパフォーマンスの低下にもつながります。

そのため、信頼できる人にマッサージをお願いすることが重要です。

マッサージをするタイミングは?

マッサージをするタイミングは、通常の練習よりもハードな練習をした場合や、レースの前の必要以上の筋肉の張りがある場合のタイミングが効果的です。

特にレース前は、2日前のタイミングでのマッサージが効果的といえ、前日にやると必要以上に筋肉が弛緩してしまい、パフォーマンスの低下につながる可能性があります。

マラソンの初心者の練習では、疲労感を多少残した状態での練習により強くなるといわれており、マッサージが必要なほどの練習とはいえません。

しかしながら、長期間にわたる練習を継続していれば、自然に回復できる状態を超えてしまう場合があり、その際の判断には、信頼できるトレーナーや整体師などに見てもらい、全身状態をチェックしてもらうことをおすすめします。

マッサージは、筋肉の張りをほぐすことだけが目的ではなく、全身の筋肉の状態を改善するものです。

その意味からも、マッサージのタイミングは、信頼できるトレーナーや整体師などに相談してみることです。

マラソンの練習の疲労には?

マラソンの練習やレース前の緊張した筋肉の状態を判断し、張りをほぐすために整体師やトレーナーに相談することは重要です。

特にレースの前に自分の体の状態の客観的なチェックや緊張感を和らげるためにも、前日ではなく、数日前にマッサージしてもらうことは、効果的です。

通常の練習においても、過度な疲労感を感じたタイミングでは、信頼できる人への相談が必要です。

日頃から、自分の体の状態を判断し、ストレッチなどでのほぐし方を身につけることを心がけることです。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする