マラソンのレース本番前の準備

マラソンのレース本番前になれば、それまで準備を重ねていたとしても、ムズムズした感覚を味わうものです。

特にレース本番前の前日には、普段の練習をするのか、特別な調整を必要とするのか、食事をどうするかなど、さまざまに不安感を持つものです。

マラソンの本番前の準備と食事など、体験を踏まえて、いくつかあげてみます。

マラソンの本番前の準備には、当日の持ち物を揃えることは当然ですが、最も重要なことは、精神的に安定して食事と睡眠時間を確保することが重要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンのレース本番前の準備には?

マラソンのレース本番前の準備には、当日必要なものをまずは揃えておきます。

レース中のエネルギー補給のためのゼリーなどは、レース数日前には買い揃えておくようにします。

食事については、マラソンの距離での体力消耗に備え、普段食べ慣れた食事に加え、炭水化物を多めに摂取するようにします。

炭水化物を多めに摂取する期間としては、レース本番前の2週間前くらいから計画的に行います。

このカーボローディングと呼ばれる炭水化物の摂取には、過食にならない注意も同時に必要です。

前日の食事は、消化のことも考えて、就寝時間の3時間前くらいには終わらせるようにします。

レース前日の睡眠時間は、少なくとも6時間は取るようにし、レース開始の4時間前までには起きるように逆算して就寝起床時間を設定します。

普段の生活のリズムと違う時間帯であれば、レースの数週間前から体を慣らしておくことも必要な準備です。

マラソンのレース当日は?

マラソンのレース当日は、本番前の食事の時間が重要です。

レーススタート時間の3時間前に食事を摂るように準備します。

この時の食事内容は、炭水化物を中心としたご飯やパスタなどをとるようにし、エネルギー源を確保します。

くれぐれも、食べ過ぎに注意し、腹八分の状態を心がけ、カフェインなどのコーヒーや紅茶といった飲み物は、利尿作用の関係から避けたほうが無難です。

レース会場入りは、スタート本番前の少なくとも1時間前には到着しておくようにします。

スタート直前の手続きやトイレの混雑等を考慮して、時間に余裕をもっておくことが必要です。

できれば、会場やコースの下見は、当日ではなく、前日以前に済ませておくことをおすすめします。

マラソンレース本番前の準備には2週間程度を?

マラソンのレース本番前の準備は、直前になると精神的にムズムズした感覚になりますので、早めの準備がおすすめです。

レース当日のスケジュールに体調を合わせるため、普段の就寝起床時間と大幅に違うようであれば、2週間程度前から体を慣らしておくことが大事です。

食事についても、普段とあまりに違う食生活にすることなく、炭水化物を中心とした食事内容にすることをおすすめします。

体内にエネルギー源となる炭水化物を蓄積することで、レース本番での体力保持につながります。

本番前には、精神的に不安感や焦燥感から、落ち着かない状況にもなりやすいものの、持ち物の準備、体調の管理を着実に行うことが重要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする