マラソンでの足のマメ対策と治療の方法

マラソンの練習やレースで、足にマメができた経験をもつランナーは多いと思いますが、足のマメ対策と治療には原因を考えてみるべきです。

マラソンでの足のマメの原因には、シューズのサイズや紐、シューズ内のソックス、マラソンを走る際のフォームなどに原因が考えられます。

足のマメができるのには、皮膚の摩擦や湿度が大きく関係していて、シューズのサイズが合わないものを使用していることや、ソックスに無駄なシワをつけたままシューズを履くことで、摩擦が多くなり、マメができやすくなります。

足にマメができた状態で走り続けると、マラソンのフォームが崩れ、他の体の部位への負担が掛かり、怪我にもつながりかねません。

マラソンでのマメ対策には、できやすい状況を排除することが最も適切な対応です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンでの足のマメの原因は?

マラソンでの足のマメの原因は、最も多いのが、足のサイズと形がシューズにあっていないことです。

シューズのサイズが合わないことは、足の血液循環が悪くなる原因にもなり、あそびの多いシューズでは足との摩擦が増えてしまいます。

シューズの中は、マラソン中には汗で蒸れ、サイズが合わない条件まで揃うと、足の皮膚表面と汗が一緒にシューズと擦れることで、マメができやすくなります。

足のマメの原因には、シューズ内に履く靴下のシワもあげられます。

シワがよった状態でシューズを履いてしまうと、シワの部分の皮膚の圧迫が他の部分と違いがでて、それにより、マメができやすくなります。

もう一つの原因には、シューズを履く際に使用する靴ひもの締め方です。

シューズの靴ひもの締めすぎによる摩擦も、足のマメの原因になり、緩く締めることも足とシューズに余分な遊びが増えて摩擦が増えます。

マメ対策と治療は?

マメ対策と治療は、前述のような原因に対処することで、足のマメを予防することができ、治療の必要も無くなります。

マラソンでの足のマメの原因の多くは、前述のようにシューズに関することが多く、足のサイズと形に合わせた適切なシューズを選択することが重要です。

それに、靴下を履いてシューズを履く場合には、靴下のサイズも足に合わせたものを選択し、シワが寄らない状態で履くことに注意することです。

靴ひもの締め方にも注意が必要で、締めすぎず、緩みすぎず、適切な締め方をします。

皮膚の摩擦に加え、汗による湿気がマメができやすい状況ですので、レースなどでは、足にワセリンを塗ることもおすすめです。

マラソンでのマメ対策をしていても、マメができてしまった場合は、適切な治療をしておきます。

治療は、マメができている部分を消毒し、消毒した針でマメの内部の水を抜きます。

そのあとは、ドライヤーなどで皮膚表面を乾燥させ、皮を剥がさずにバンドエイドなどで保護しておきます。

適切に治療しておくことで、早期の練習への復帰が可能です。

足のマメ対策には、適切なシューズと履き方が重要

マラソンの練習やレースでの足のマメ対策には、自分の足のサイズや形に合ったものを選択することが、最も重要です。

足のマメの原因は、摩擦と湿気で、それらはシューズの内部で起こります。

マラソンのレースでは、意図せずに給水所などでの水がかかるなどのこともあり、足にワセリンを塗っておくことも予防につながります。

足にマメができてしまった場合には、適切な治療をしておくことで、早期の回復と練習復帰を早めることができます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする