マラソンのためのメンタル強化方法

マラソンは、足の筋力や心肺機能の強化の練習と同様に、メンタル強化を求められる競技です。

マラソンの練習において、初心者には5キロや10キロの距離を聞いただけ、走る前から腰が引ける人もいると思います。

長距離を走ることは、走っている間に膝や腰、体のあちこちが痛くなったり、呼吸が辛くなったりするものです。

これらの身体的な苦痛で、マラソンの練習においてさえも、モチベーションを保持することができず、心が折れることもあります。

それを防ぐためにも、メンタル強化を練習の中でおこなっていく必要があります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

メンタル強化しなければならない原因

メンタル強化しなければならない原因には、身体的な痛みや苦痛によるものや、自分の求める結果と違う状況や結果に対するやる気の低減、正当な理由づけをして自己肯定することへの誘惑などがあります。

どれも、自分の内面の葛藤との戦いで、周囲と共有するものではないので、自分ひとりでの解決をはかることしかできません。

メンタル強化するためには、自問自答を繰り返し、対応策を模索して行きます。

そのため、マラソンは、「動く禅」と称する人もいるくらいです。

メンタル強化する方法は?

メンタル強化の原因は、個人によって違いますが、前述のようなものであれば、それぞれにメンタル強化の方法が考えられます。

自分の求める結果や状況でないと考える場合には、無理な自己評価によるノルマの設定ではないかを検証し、精神的に余裕の持てる目標を設定し直します。

身体的な痛みや苦痛に関しては、その痛みが故障によるもので治療を必要とするものか、それとも精神的な痛みなのかを判断します。

痛みが練習の強度による脳が感じるものであれば、耐える選択も必要です。

苦しみの伴わない成果は、マラソンの練習にはあり得ません。

しかし、故障による痛みであれば、専門医の診療を受けるなどの適切な処置が必要です。

自分の中の言い訳を構築して、きつい練習から逃れようとする反応には、周囲の練習仲間と行動をともにすることで、自分のハードルを越えることが可能です。

メンタル強化の原因は、個人によって違いますが、前述のようなものであれば、それぞれにメンタル強化の方法が考えられます。

マラソンの完走には、メンタルの強さが重要

マラソンの完走には、メンタルの強さが重要で、競技自体も一人で黙々とこなす必要があり、周囲に人がいても、自分の内面との向き合う時間が長く続きます。

筋力や心肺機能は、身体的なトレーニングの積み重ねで自然と強化されますが、メンタル強化には、日頃から勝ちグセをつけることが重要で、ポジティブさが必要です。

そのためには、必要以上に自分を追い込まず、都合が良いくらいの自己中心のポジティブさを持つことも大事かもしれません。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする