マラソンの練習やレースでの内臓疲労への対策は?

マラソンなどの長距離や運動負荷の強いスポーツを日頃からする人が、食欲不振や夏バテのような症状を感じるのは、内臓疲労のためかもしれません。

内臓疲労とは、夏の暑さや冬の風邪などのために、内臓に負担がかかるために起こる機能低下や免疫機能の低下で、倦怠感や食欲不振、吐き気、めまいなどの症状を引き起こし、体調不良を感じることです。

症状だけをみると、自律神経失調症などと似ているため、症状がひどい場合には専門医の診断をおすすめします。

マラソンの練習やレース後の内臓疲労への対策は、日頃からの食生活が最も重要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンの練習やレースでの内臓疲労には?

マラソンの練習やレースでの内臓疲労には、体内の血液の流れによるものが原因です。

ランニングや筋トレなどの練習をすると、通常は内臓に集中するべき血液が40パーセントなくてはならないものが、5パーセント程度になるといわれています。

そのため、マラソンの練習やレース中には、内臓では酸欠状態を継続していることになり、その時間が長いほど、内臓に負担がかかり内臓疲労を引き起こします。

練習やレース後の適切な対策を取ることが、内臓疲労の早期の回復にもつながります。

内臓疲労をそのままにして、トレーニングを継続すると、体内バランスが崩れるため、太りやすくなったり、逆に痩せてしまうなどの症状にもつながります。

マラソンのトレーニングでの内臓疲労の対策には?

マラソンのトレーニングでの内臓疲労の対策には、その原因となる日頃の食生活にあります。

通常の生活においても、内臓疲労の原因として、暴飲暴食、過食、内臓を冷やす食べ物の過剰摂取などがあり、マラソン練習の後の冷たいビールにも注意が必要です。

ランナーの内臓疲労への対策は、日頃からバランスの良い食生活と規則性が大切で、トレーニング後の食事は、あまり冷たいもので内臓を冷やさないようにすることが大切です。

筋肉の回復のために摂取するエネルギーバーなどでは、内臓疲労を回復する栄養素が不足します。

内臓疲労の回復には、野菜や魚に含まれるビタミンやミネラルといった栄養素やアミノ酸が必要です。

これらの摂取には、バランスのとれた食事メニューが必要で、これらを毎回のトレーニングの強度に合わせた調理法で摂取する習慣が対策につながります。

マラソンのレースや練習の内臓疲労

マラソンのレースや練習では、内臓に必要な血液が筋肉に回り、トレーニング中の内臓は酸欠状態となるために、疲労が蓄積します。

内臓疲労を軽くし、早期の回復を促す対策には、バランスの良い食事が最も重要です。

内臓疲労の症状には、直接的なものがなく、食欲不振や吐き気、めまい、睡眠不足、倦怠感などがあり、症状がひどい場合には、専門医の診断を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする