マラソンとハーフに挑む初心者の準備と心構え

マラソンやハーフに挑む初心者は、それぞれの目標に見合った練習の積み重ねと長期間にわたる継続を習慣化することを、肝に据えておくことです。

長距離を走るマラソンやハーフを完走するには、それなりの体力、筋力、心肺機能が必要で、それらを初心者が身につけるためには、毎日少しずつでも継続した練習が、完走につながります。

特に、マラソンの完走に挑む初心者は、練習でもレースでも、段階を踏む必要があります。

計画的な練習と自分のランニングフォームなどの検証や修正を重ねる必要があり、それらを地道に積み上げていきます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンとハーフに挑む初心者の準備には?

マラソンとハーフに挑む初心者の準備には、自分の体力や走力の状態を、まず認識することです。

練習を始める段階で、それまでの運動やランニング経験を考慮し、実際にどの程度走ることができるかを試してみることです。

実際に、5キロ程度を走ってみて、自分のタイムを取ってみます。

これを元にして、自分がどの程度の完走タイムを望み、どの距離を目指すかという目標をはっきりさせ、その期間を決めます。

マラソンの大会へ参加し、完走を目指すには、最低でも、半年程度の期間が必要です。

マラソンの完走を目指す初心者の練習計画には?

マラソンの完走を目指す初心者の練習計画には、一定期間ごとに、練習の成果を試すことをおすすめします。

毎日少しずつジョギングやインターバルトレーニングなどを積み重ねた練習を、10キロのレースやハーフといった実際の大会への参加で、練習成果の確認と検証に利用します。

自分が完走を目指すマラソン大会の予行演習とそれまでの練習成果の確認をすることで、自信と反省内容を洗い出すことにつながります。

一人での練習では気がつかないことも、他のランナーと走ることで、修正点を見つけることができます。

初心者がマラソンやハーフでの完走を目指す場合には、毎日のジョギング中心の練習と週に1回程度の追い込み練習の組み合わせを継続することが、必須です。

その間には、練習に対する慣れやモチベーションの低下などの感情の起伏が起きます。

感情の起伏への対応としても、実際の大会などへの参加を練習計画に組み込むことは有益です。

マラソンやハーフでの完走には、我慢と継続が必要?

マラソンやハーフでの完走には、毎日の練習の継続は必須ですが、練習計画の作成と検証の反復での修正を加えることが重要です。

長期間の練習が必要な長距離の競技の場合、練習経過において、予想外の体や精神面での変化も起こります。

そのときには、客観的な判断での検証と修正を加えることに、躊躇する必要はありません。

練習の質を落とさず、モチベーションの低下を引き起こさない計画に変更して、継続することが、最も重要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする