マラソンにペースメーカーはなぜいるの?必要性は?

マラソンのレースでペースメーカーの存在が有名になったのは、女子マラソンの高橋尚子さんが世界記録に挑戦して走ったレース中継ではないでしょうか。

国内のマラソンでペースメーカーに対する見解には、賛否両論があったため、2003年の福岡国際マラソンからの導入となっています。

それまでのマラソンのレースには、ペースメーカーは存在せず、なぜ、最近は認められるかといえば、マラソンの好記録への期待からといえます。

ペースメーカーの必要性は、レースが乱れる可能性が少なくなり、ランナーの心理的不安を減らせるなどの効果があります。

また、オリンピックの選考を兼ねたマラソンのレースにおいては、レースコースの違いによって条件が異なり、単純に比較できないタイムを均一化する必要性から、ペースメーカーを使用しています。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンでのペースメーカーとは?

マラソンでのペースメーカーとは、スタートから30キロ程度までを、設定されたペースで走ることで、レースの基準となる目安の役目を果たします。

マラソンでのペースメーカーの必要性は、最近のレースの高速化により好記録を求められるマラソンレースの環境の変化によるものです。

ペースメーカーの存在で、レースのペースが効率的に形成され、ランナーの駆け引きによる心理的な負担の軽減につながります。

そのため、マラソンのレース後半への必要以上の疲労の軽減もはかられ、レースコースの違いでのタイム差などの条件の均一化も期待できます。

さまざまな国際大会への選考レースなどに、ペースメーカーが起用されるのも、こういった必要性からといえます。

ペースメーカーがいないレースといる場合では?

ペースメーカーがいないレースといる場合では、ランナー同士の心理的な駆け引きに違いがでます。

なぜ、昔のマラソンのレースにはペースメーカーがいなかったのかといえば、選手同士の駆け引きによって、マラソンの好記録への期待よりも、誰が先頭でゴールするかが焦点になっていたためです。

最近の国際レースでは、マラソンの完走タイムが高速化しており、ゴールの着順と同時に、タイムも重要視されています。

ペースメーカーがいない場合、ランナー同士の駆け引きと走力での勝負で、レース全体のペースにも乱れが予想されます。

マラソンの競技性からいえば、ランナー同士での競争が趣旨となりますが、国際大会への選考などを考慮した場合には、こうした条件下での判断はできなくなります。

なぜ、ペースメーカーが導入されているかは、こういった条件整備のために必要性があります。

マラソンレースの高速化とペースメーカーの存在

マラソンのレースでのゴールタイムは、2時間を切る可能性も感じるほど、高速化しています。

マラソンのレースの高速化のために、ペースメーカーの必要性があげられ、ランナーのレースの後半への体力の温存がはかられ、好記録への期待も膨らみます。

なぜ、ペースメーカーを導入してゴールタイムの高速化をはかるのかといえば、マラソンの商業化が進んだことも原因と考えられます。

マラソンの競技性からいえば、ペースメーカーの存在には賛否があるところですが、レースのペースの安定化やランナーの精神的な負荷を軽減するためには、必要性があるといえます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする