マラソンを走る意味は?メリットは?デメリットは?

ジョギングやランニングには、日々の体調管理やダイエット効果への期待などのメリットが考えられますが、マラソンまで走る意味は何なのでしょうか。

マラソンを走る意味は、それぞれのランナーによっても違い、自分のためと表現することが、最もあてはまります。

マラソンを走る事には、精神的な満足感や達成感といったメリット、身体的な負荷に対するメリットとデメリットが存在します。

普段のジョギングやランニングとマラソンは、その距離の長さの持つ意味は、走ることでしか実感できず、そのためのデメリットも走ることでしか、実感できません。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンを走ることのメリットは?

マラソンを走ることのメリットは、その準備のためのジョギングやランニングを継続して行うことが、健康的な生活につながります。

マラソンは有酸素運動にあたり、脂肪燃焼効果も高く、メタボ気味の方などには、ダイエット効果も期待できるメリットもあります。

マラソンは、レースになれば他人との競争の面もありますが、市民ランナーの場合には、トップ選手との比較よりも、自己目標の達成感や充実感を味わうことにメリットがあります。

日常の練習において味わうことのない感覚を、沿道の声援や歓声などから感じ、非日常の空間での自分なりの計画性や精神状態の抑制という自己実現への精神力の鍛錬としてもメリットがあります。

マラソンを走ることのデメリットは?

マラソンを走ることのデメリットは、レースに想定されている42.195kmという距離が身体に与えるダメージは、日常の練習でのジョギングやランニングとは比較にならない負担です。

特に、足への負担はかなりのもので、準備のために走りこんで練習しているランナーでさえ、腰痛、股関節痛や足底筋膜症などの故障の原因ともなるデメリットがあります。

マラソンを走ることは、足への負担はもちろん、長時間の心臓や肺への負担もかなりのもので、心肺機能への影響も甚大です。

長距離を走るためには、疲労する筋肉へ十分な酸素を供給することが必要で、それを維持するために心肺機能への負担がかかります。

このように、マラソンを走ることは、身体への負担が他のスポーツと比較しても大きく、デメリットとしてあげられます。

マラソンを走ることには、計画性と精神的な充実が?

マラソンを走ることには、自分が立てる目標に対する計画性と、それを実現するためのモチベーションの維持が必要です。

完走することによって感じられる達成感や満足感、充実感が、マラソンの精神的なメリットです。

その反面、マラソンで走る距離の長さから、身体への負担は大きく、足や心肺機能へのダメージもあり、デメリットといえます。

マラソンで体に受けるダメージを最小限にするためには、日常での継続した練習が必要で、その結果として、達成感や充実感を味わうことが可能です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする