マラソン、ランニング、ジョギングの違いは?

マラソン、ランニング、ジョギングといずれも走るということは共通していますが、違いは何かと聞かれると、意外にはっきりした認識はないのかもしれません。

マラソンについては、オリンピック競技にも採用されていることで、42.195kmを駆け抜ける陸上競技の一種という認識で間違いありません。

ランニングとジョギングの違いといわれると、はっきり区別して使い分けている方は、少ないかもしれません。

両者とも、長距離と呼ばれる距離を走ることは共通していて、違いがあるとすれば、走るスピードの区別程度が考えられます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

ランニングとジョギングには、どんな違いが?

ランニングとジョギングには、どんな違いがあるのかといえば、走るスピードの違いといえ、ゆっくり走るランニングがジョギングです。

ランニングとジョギングは、両者とも走ることは共通していて、走ること自体は人の自然な動きなので、あまり意識した定義は意味がないのかもしれません。

ただし、練習の際などに使用する用語としては、ランニングと称する練習内容か、ジョギングとする練習によっては、ランナーのとるべきスピードに違いがあることは認識するべきです。

ジョギングは、ランニングの練習前のアップと呼ばれる準備の際などに、喋りながら走れる程度のスピードが目安です。

ジョギングで体の調子を上げた後に、ランニングの練習へと移行するのが一般的な練習での走り方です。

ランニングとマラソンの違いは?

ランニングとマラソンの違いは、ランニングは走ることやマラソンのための練習といえます。

マラソンは、陸上競技のひとつで、オリンピック競技にも採用されていて、42.195kmという距離でのゴールタイムを競う陸上競技です。

マラソンは、ジョギング、ランニングといった走ることのスピードと距離の両方を求められる競技です。

マラソンの起源は、その昔、ペルシャ軍に勝利したギリシャ軍が、その勝利を伝えるために一人の兵士が伝令として走った距離とされています。

現在では、一般の市民ランナーも、フルマラソンの完走を目指した練習をする人も多く、その多くは、ジョギングから始め、ランニングへと移行して、マラソンにつなげていきます。

走ること自体は、共通しているものの、その段階に応じた練習として、走り方の違いを利用して、ジョギングやランニングとして練習しています。

マラソンは、ジョギングとランニングの先にある競技?

マラソンは、ジョギングとランニングの先にある陸上競技で、三者には、競技と非競技の違いがあるものの、走ること自体は共通しています。

ジョギングは、ゆっくりしたペースのランニングであり、ペースをあげたジョギングは、ランニングといわれます。

ランニングの距離を42.195kmまで延長し、他のランナーとの競争になれば、マラソンという陸上競技です。

それぞれを活用した練習で、マラソンの完走を目指すランナーにとっては、全て走る練習ということでも共通しています。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする