マラソンでなりやすい腰痛の対策と治療

マラソンの練習でのランニングが原因となって、走った後に腰痛を感じたり、腰をそらすと痛みが走るなどの症状を起こすランナーも少なくありません。

腰痛の症状は、ランナーごとに違いがありますが、いずれの場合も、腰に原因があり、その対策と治療を適切に行わないと、体の他の部位への故障にもつながりかねません。

マラソンでなりやすい腰痛の原因には、股関節の硬さのために起こるものや、体の左右のバランスの差のために起こるものがあります。

これらの対策には、専門医の診断を受けた上で、適切なストレッチなどの治療を施すことが必要です。

マラソンの練習の前後で感じる腰痛は、早期に専門医に相談するべきで、素人判断での対策は、治療を長引かせることにもなります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンで起きやすい腰痛の症状と原因には?

マラソンで起きやすい腰痛の症状には、走った後に感じる痛み、走り出してしばらくして感じる痛み、腰をそらした時に感じる痛みなどの症状が挙げられます。

マラソンの練習の後に起きる痛みには、腰に故障をきたしている箇所の血行が良くなることで、練習中には感じない痛みを走り終えると感じていると考えられます。

腰をそらした際に腰痛を感じる原因には、股関節の周りの筋肉が硬く、走る際に後ろに蹴り出した足の反動で腰が前方に突き出すような運動になっていることが原因と考えられます。

これらの腰痛の対策には、原因に応じた治療が必要で、痛みがひどい場合には、専門医での診断を受けることをおすすめします。

マラソンで起きる腰痛の対策と治療には?

マラソンで起きる腰痛の対策と治療には、的確な判断が必要で、早めの専門医の診断が早期の解消にもつながります。

一般的に、練習強度の関係で一時的な軽い症状での対策には、練習の前後での入念なストレッチが重要です。

腰をそらした際などに感じる腰痛では、股関節の硬さが原因と考えられ、股関節にしなやかさを強化し、可動域を広げることで症状の改善につながります。

股関節の可動域の広がりは、ランニングフォームによっての確認が可能で、練習仲間やビデオでの映像などで比較確認してみることです。

練習の後に起こる腰痛対策には、血行改善の食事と体の左右のバランス改善をはかることが、治療につながります。

日常の食生活で血行を良くするための食事メニューに気を配り、入浴などでの血流改善をはかることでも、症状の改善につながります。

体の左右のバランスに違いがある場合、専門医の診断での治療を必要とすることもあり、自分でできる治療としては、ストレッチでの対応です。

マラソンが原因の腰痛は専門医の診断を

マラソンの練習やレースで感じる腰痛の対策には、専門医の診断を一度受けたうえで、必要な対策と治療を施します。

腰痛を抱えたまま、練習やレースを繰り返すと、体の他の部位への負担の影響で、故障にもつながります。

腰痛の原因には、股関節の硬さから足の可動域の狭さや、体の左右のバランスの崩れが考えられます。

専門医の診断に応じて、ストレッチなどでの腰痛対策と治療を早期に受けることが、早期解消につながります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする