マラソンを走った後の手や足のむくみの解消には?

マラソンは、ジョギングやランニングとは別次元の疲労をともなうために、走った後には筋肉の痛みや手足のむくみなどの症状がでることがあります。

マラソンのための練習としてジョギングやランニングを行なった場合でも、初心者のランナーには、体づくりができていないことが原因となり、筋肉の疲労や結構不良により、手足のむくみの症状がでる場合があります。

マラソンのレースの後の手や足のむくみの解消には、血行改善をはかる必要があり、アイシングやホットパックなどの処置やマッサージなどを、適時適切に行うことが必要です。

練習での手足のむくみの解消には、練習後の整理運動とストレッチ、そしてマッサージが有効です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンを走った後の手足のむくみは?

マラソンを走った後の手足のむくみは、筋肉の疲労が原因となり、血行不良が起きていることが最大の原因です。

本来は、有酸素運動であるジョギングやランニングは、血行を良くする効果が期待でき、むくみが起きることはありません。

しかし、初心者のランナーの場合やマラソンのレースでの負荷が強い場合、筋肉の疲労が限界を超えることで、血行障害を引き起こします。

血行不良によって、手や足への水分がたまりやすくなることで、むくみの症状につながります。

また、筋肉の繊維への炎症も考えられ、この場合のむくみの解消には、体内のタンパク質を増やしてやることで、炎症を起こした筋肉の修復をはかることが必要です。

もう一つの原因としては、マラソンのレースや練習においての、適切な水分補給ができないことでの、体内の脱水状況で排出されるべき水分が手や足にむくみとなって残ることがあります。

マラソンでの手足のむくみの解消には?

マラソンでの手足のむくみの解消には、その原因ごとに対処が必要です。

むくみの原因には、前述のような筋肉の疲労による血行障害、筋繊維の炎症、筋肉の脱水症などがあります。

血行障害には、筋肉疲労を解消するために、アイシングや温浴などを利用します。

筋繊維の炎症には、体内のタンパク質を増やしてやることが解消につながりますので、食事でのタンパク質の摂取を心掛けます。

筋肉の脱水には、水分やミネラルの補給が大切で、レース後や練習後に、適切な摂取を心掛けます。

いずれも、症状の緩和には、筋肉の炎症を伴わないむくみの解消には、マッサージが効果的ですが、基本的には体の内側から外側へ刺激を与えることが重要です。

手足のむくみの予防と解消には?

マラソンの練習やレースのむくみの予防と解消には、その原因を考えると血行障害と筋肉の脱水に対する予防が可能です。

筋肉の血液循環を良くして練習を開始することを心がけ、そのためには、準備運動とストレッチを入念に行うことが、予防につながります。

さらに、練習やレース後にも、緊張状態にある筋肉をほぐしておくことも、手足のむくみの解消につながります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする