マラソンで痩せる走り方は?時間や距離は?

マラソンの練習でのランニングやジョギングで痩せる走り方は、消費カロリーに考慮した走り方が重要です。

マラソンの練習は、有酸素運動にあたり脂肪燃焼をともなうことで、体重を減らす痩せる走り方にもつながります。

しかしながら、ランニングなどでの走るだけで痩せるのは難しいもので、消費カロリーや走る時間、いつ走るかなど、考慮する点はいくつかあり、それにより効果も違ってきます。

最も重要なことは、痩せる走り方には、脂肪燃焼が始まる15分以上の有酸素運動状態を維持しなければ意味がないということです。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンでの痩せる効果と痩せる走り方は?

マラソンでの痩せる効果と痩せる走り方は、太りにくい体質への改善と心肺機能の向上、血流の改善といった体質改善にもつながり、新陳代謝もよくなります。

太りにくい体質やさまざまな体質改善の効果も期待できるマラソンですが、痩せることを主眼にした場合、走ってすぐ体重計に乗れば減るというわけではなく、徐々に結果につながります。

そのため、痩せるまでには少々時間が必要で、その間のモチベーションを継続することが、痩せる走り方の第一歩です。

痩せる走り方には、脂肪燃焼がはじまる15分を超える時間の練習が必要で、目安として20分以上のジョギングやランニングを継続する走り方を毎日継続することです。

マラソンの練習で痩せる効果を上げるひと工夫には?

マラソンの練習で痩せる効果を上げるひと工夫には、前述したように、走る時間を20分以上にすることに加え、練習前の準備運動にスクワットなどの筋肉トレーニングを加えることで、体の特定部位の筋肉を細くする効果が期待できます。

マラソンの練習の後には、痩せる走り方を毎日継続させるためにも、アイシングなどのケアをすることで、怪我の防止にもつなげることができます。

痩せる効果を期待したい場合、ジョギングなどで走る時間を朝食前の時間にすることで、その効果を多少あげることができます。

本来のマラソンの練習には、体の体内循環の安定や筋肉のほぐれからすれば、昼食以降の昼間の時間帯での練習が、体への負担軽減と追い込んだ練習が可能ですが、痩せる走り方を目的とした場合には、朝の時間が効果的です。

朝食前に走ることで、食事後でのジョギングで起きる腹痛や消化不良につながることがありません。

ジョギングなどの走ることで消費されるカロリーは、意外にも30分で約240キロカロリー程度しか消費できず、脂肪1キロを減らすためには、15時間のランニングが必要な計算です。

このため、痩せる走り方の効果を上げるためには、食事でのカロリー摂取への配慮も必要ですが、継続したジョギングなどで、太りにくい体質へ改善することと併用します。

マラソンの練習で体質を改善し、太りにくくする?

マラソンの練習であるジョギングやランニングを20分以上することで、脂肪燃焼をともなう有酸素運動につながり、その結果として、痩せる走り方と太りにくい体質へとつながります。

ジョギングやランニングでの消費カロリーだけでの痩せる効果を期待すると、その結果が出るために一定の期間が必要で、その間のモチベーションを維持することが重要です。

毎日のジョギングなどでの継続で、太りにくい体質への改善が可能で、心肺機能の向上、血流の改善などの体質改善がはかれ、全身の体内バランスの調整がとれてきます。

これらを継続することが、もっとも痩せる走り方につながります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする