マラソンの練習にヨガを取り入れる効果は?

マラソンの練習を継続していると、筋肉が必要以上に硬直化する可能性もあり、ヨガを取り入れることで、その筋肉をほぐす効果が期待できます。

マラソンとヨガは、全く関連性がないようですが、マラソンの完走に必要な筋力の強化や持久力が必要ですが、筋肉が硬直化することは、故障の原因ともなります。

マラソンの練習の前後での準備運動やストレッチは、必要以上に筋肉が硬くならないようにする効果と怪我の予防のために行います。

この延長として、ヨガを取り入れることで、全身の筋肉のバランスをよくすることができ、伸縮させる筋肉への呼吸法も習得が可能です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンに期待できるヨガの効果とは?

マラソンに期待できるヨガの効果とは、その呼吸法やしなやかな筋肉で、楽に走ることを引き出すことが可能になることです。

ヨガは、さまざまなポーズを取ることで、心身ともに最も安定した状態を作りながら、筋肉にしなやかさを残しつつ強化するもので、呼吸法にも独特のものがあります。

身体と精神的な機能を活性化し、集中力を高めながら、眠っていた能力を引き出す効果も期待できます。

マラソンを走るために必要な呼吸法と、柔軟性を持つ筋肉を作ることで、ケガの予防とランニング中の精神集中の方法も取得することが可能になります。

マラソンを走る練習とレースにおいて、筋肉の効率的な活用が可能になり、それまでの走り方よりも、楽に走る効果も期待できます。

ヨガをマラソンに生かすトレーニングは?

ヨガをマラソンに生かすトレーニングは、下半身と上半身のそれぞれにあります。

下半身の腸腰筋と呼ばれるお腹や腰の奥にあるインナーマッスルを、ヨガの深い呼吸をしながら、意識的に引き延ばすことで、股関節のしなやかな動きに効果がでます。

このインナーマッスルの強化と関節の柔軟性は、走る際の足の運びの滑らかさにもつながります。

上半身については、下半身のヨガと同様に、深い呼吸をしながら、肩甲骨周りをほぐします。

肩甲骨周りは、マラソンの練習において、知らず知らずのうちに、筋肉が硬くなりがちです。

走る際の腕振りの可動域を広げる効果と血行が改善されることで、安定した走りにもつながります。

マラソン練習で強化する筋肉をしなやかにするヨガの効果

マラソン練習で筋肉の強化がはかられると同時に、筋肉が必要以上に硬くなる傾向にあります。

その筋肉にしなやかさを持たせ、呼吸法によって楽に走ることを可能にするのが、ヨガを取り入れることの効果です。

ヨガは、マラソンの練習の動的な練習とは真逆といえる静的な練習で、深い呼吸をしながら、筋肉を強化しながら、しなやかさにする効果を期待できます。

一見、ヨガとマラソンに関連性はないようですが、双方を活用することで、辛いマラソンを、少し楽に走る可能性を引き出す効果が期待できます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする