マラソンの練習のためのルート作成の方法

マラソンの練習のためのルート作成によって、距離や景色、高低差による坂道の有無など、さまざまな設定が可能です。

しかしながら、普段使っている道であっても、マラソン練習のルート作成に利用しようとすると、その距離や高低差など、知るべき情報はさまざまに必要です。

マラソンの練習の目的によっても、ルートの選択やルート作成の方法も変わってきます。

健康のためのマラソン、フルマラソン完走のため、走る筋力アップのためと、ランナーの設定するルート作成で、継続した練習での効果を得られるかが決まるともいえます。

一昔前なら、マラソンの練習ルート候補場所が記載された地図を広げて、机上で選択して距離を計算する方法でしたが、現在は便利なアプリなどがあり、それを活用したルート作成が簡単にできます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンの練習のルート作成時には?

マラソンの練習のルート作成時には、練習で走る距離の設定と坂道などを入れるかどうか、車の通行量などを考慮したルートを考えます。

マラソンの練習ルートは、一つである必要はなく、練習目的や気分転換の目的でのルート変更も有効です。

家から直接練習に出て、走りたい距離を練習して戻るまでを設定したり、同じ練習ルートに飽きた場合の代替ルートの設定等々、いろいろな疑問や不安が出現するかと思います。

最近では、スマホやパソコンなどのアプリに、ランニング支援アプリというものが提供されていて、それらを活用することも便利です。

例えば、ナイキの提供するスマホアプリのNike+Runningには、トレーニングプログラムがあり、コーチのアドバイスなども受け取れるようになっています。

フルマラソンの完走を目指したランナーなどの練習への活用は、有効性が高いと思います。

マラソンの練習に、ランニングコースの利用も?

マラソンのレースでは、一般道を利用したものが大半で、練習でもそれに対応した方法をとることでのメリットがありますが、走ることだけの練習には、ランニングコースの活用も有効です。

公園などを起点にして2キロ程度のコースを設定したランニングコースは、各地区で設けられている場所も多く、そのコースであれば、ルート作成に必要な手間を省いた練習が可能です。

あくまで、自宅から近所にランニングコースが設置されている場合の利用になりますが、追い込んだ練習や車などの障害物を考慮せずに練習したい場合には、活用することをおすすめします。

マラソンの練習のルート作成にはアプリとコースの活用を

マラソンの練習のルート作成には、スマホにあるランニング支援アプリや近所の地形を考慮したオリジナルのルート作成をして、飽きずに継続した練習が可能な複数のルートを作成しておきます。

練習の目的や気分転換の目的に応じて、ルートを変更して練習することは有効です。

また、近所にランニングコースなどが設定されている場合には、それらの施設を利用することも、マラソンの練習に集中することが可能で、追い込んだ練習をしたい場合などには最適です。

しかも、距離の設定なども、ある程度正確に表示されており、目安として使用することが可能です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする