マラソンのレース前の風邪の対策と回復方法

マラソンの練習での走り込みは、練習による体内のエネルギーの放出により体温が低下し、風邪を引きやすい状況になっています。

特にレース前に風邪をひくことは、レース本番でのパフォーマンスにも影響をきたし、タイムどころではなくなります。

風邪のひき始めを感じた際には、早めの対策と悪化させないことが、最も重要です。

風邪の菌が繁殖しやすい状況には、温度が低く乾燥した環境といえ、冬のマラソン大会前のシーズンは、風邪に感染する可能性が高い時期といえます。

風邪の菌の繁殖を増やさないためにも、体内の免疫細胞を活性化することが、最も有効な対策で、仮に風邪に感染し始めたとしても、回復を早めることにもつながります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

レース前の風邪の感染を防ぐために?

レース前の風邪の感染を防ぐために、睡眠不足や暴飲暴食を避けることはいうまでもなく、これはマラソンのレース対策だけでなく、風邪のシーズンといわれる時期には大切なことです。

マラソンのレースの開催は、寒い時期の大会が多く、風邪の菌が増殖するための条件が揃っています。

それに加え、マラソンの練習によって、体内の免疫細胞の力が落ちてしまうと、感染率は大幅に上昇してしまいます。

体内の温度が練習によって下がることに加え、水分補給が適切に行われないと乾燥という条件も加わり、風邪の菌にとっては、最適な増殖の環境になります。

それを防ぐためにも、冬場のマラソンの練習の際には、こまめな水分補給を夏場よりも心がけます。

マラソンのレース前の風邪の回復には?

マラソンのレース前の風邪の回復には、早めの対策が重要で、練習中や練習後の水分補給は必須で、そのほかにもいくつかの回復のための方法があります。

風邪の菌を増やさないために、練習による体温低下を早期に回復して体を冷やさないこと、食欲が落ちた場合には無理して食べずに睡眠時間を増やすという対応も考えられます。

風邪の回復には、体温の低下を防ぐことと十分な睡眠時間、それに加えて休養が必要です。

風邪の際には、栄養を十分にとって休養するというのが一般的ですが、ランナーの場合、栄養を無理に胃に押し込むことは、回復にかかる時間を縮めることにはつながりません。

風邪の初期段階で、食欲不振を感じていれば、筋肉疲労だけでなく内臓疲労も抱えていることが想像でき、そのため、筋肉を休養させるのと同時に内臓も休養させてやる必要があります。

油物などの消化の悪い食べ物は避け、消化の良い食べ物を食べるようにして、内臓に負担をかけないようにすることで早期の回復をはかることができます。

マラソンのレース前の風邪の対策には?

マラソンのレース前の風邪の対策には、水分の補給と練習によって下がる体温への対応が重要です。

風邪の菌は、乾燥した低温の状態で繁殖しやすいため、体内の環境を、繁殖しやすい環境とは違ったものにすることが対策になります。

風邪のひき始めの症状を感じた際には、早めに休養をとるようにし、普段よりも睡眠時間をたっぷりと確保するようにします。

食事に関しても、消化の良い食べ物を食欲に合わせて摂取するようにし、無理して食べることを避けるようにします。

風邪の回復には、休養と睡眠が最も重要で特効薬です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする