マラソンを走る時のランニングタイツやランニングシャツの効果は?

マラソンを走る時のランニングタイツやランニングシャツの効果は、吸汗性や筋肉の疲労軽減などがあげられます。

マラソンを走るときの発汗量はかなりの量があり、汗蒸れやシャツとの擦れによる皮膚の影響を最小限に抑えるためにも、ランニングタイツなどの着用は効果があります。

しかも、長距離の走行による筋肉の無駄な揺れを軽減し、疲労の軽減にも効果が期待できます。

ランニングシャツにおいても、発汗吸収により、皮膚への影響を軽減する効果が期待できます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンを走るときのランニングタイツの効果は?

マラソンを走るときのランニングタイツの効果は、冬には寒さ対策になり、夏には日焼けや紫外線の対策になります。

ランニングタイツには、引き締め効果もあり、膝関節や筋肉をサポートしてくれるため、疲労軽減にもつながります。

マラソンでの大量発汗による股擦れなどにも効果が期待でき、走っているときの汗による不快感の軽減にも効果があります。

ランニングタイツのサイズは、ある程度の締め付け効果が期待できるよう小さめのサイズを選択することが多いと思いますが、あまりに小さいと、きつく感じる場合も多く、購入時には、試着して確認することをおすすめします。

マラソンを走るときのランニングシャツの効果は?

マラソンを走るときのランニングシャツの効果は、体温調節機能にあります。

マラソンにおいて、夏のレースでの大量発汗をランニングシャツが吸汗速乾性の機能で、生地表面に汗を逃がして放散してくれるため、快適な状況を生み出してくれます。

冬のレースにおいては、寒さを防ぎ、吸汗速乾性の機能も果たしてくれる効果が期待できます。

ランニングシャツには、半袖や長袖、胸元の開き具合などの調整が効くものなど、種類がありますので、使用時の天候状況などに合わせた選択が必要です。

フルマラソンの後半になると、シャツに汗が乾かずに残っていることは、かなりのストレスになり、速乾性のあるランニングシャツは、走る際の精神面にもかなりの効果があります。

ランニングシャツやランニングタイツは、体温調節や筋肉に効果?

ランニングシャツやランニングタイツを使用するランナーが多いのは、その機能性にあります。

両者とも、マラソン中のランナーの汗を吸収し放散する効果があり、肌表面だけでなく、体温調節にも効果があります。

ランニングタイツの使用では、筋肉の締め付けの効果から、無駄な筋肉の揺れを軽減してくれることで、疲労感の軽減にも効果が期待できます。

ランニングシャツの半袖や長袖については、使用する天候などを考慮して選択する必要があり、ランニングタイツについては、サイズが小さすぎないものを選ぶことに、注意が必要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする