マラソンのトレーニングにマスクの効果はあるの?

マラソンのトレーニングにマスクを使用することは、いくつかの効果が考えられます。

マラソンの一流選手が、酸素の薄い高地トレーニングなどを実施して、肺活量をあげたり持久力のアップをはかるといったニュースも報じられています。

マラソンのトレーニングにマスクを使用することは、高地トレーニングに似た効果も期待できます。

しかしながら、この見解には、懐疑的な意見も多く、実際の効果については賛否両論あるようです。

マスクには、花粉症や排ガス対策などにも効果があります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンのトレーニングでのマスクの効果は?

マラソンのトレーニングでのマスクの効果は、最近増えている花粉症のランナーにとっては、ランニング中の荒れる呼吸での花粉の吸い込みを防ぐ効果が期待できます。

花粉症のランナーにとっては、一年中飛散している花粉をランニング中に普段よりも吸い込むことを防ぎ、本来の走ることへの集中をはかる効果があります。

マラソンの練習コースには、市街地を走るランナーも多く、交通量の多い道路では排ガスを吸い込むことになりますが、マスクをしていることで一酸化炭素や窒素酸化物などの有害物質を防ぐ効果があります。

市街地以外の郊外のコースを練習する際には、浮遊している虫を吸い込んでしまうことの防止にもつながります。

マラソンのトレーニングでのマスクの最大の効果は、肺活量のアップといえます。

通常の呼吸よりもマスクによって吸い込む酸素量が制限されることにより、体内では効率的な活用をはかろうとします。

それによって、通常の呼吸よりも次第に肺活量がアップすることにつながります。

マラソンのトレーニングでのマスクの使用の注意点は?

マラソンのトレーニングでのマスクの使用の注意点は、通常の練習よりも呼吸に負荷がかかりますので、体の状態も違ってきますので、その点には注意が必要です。

マスクにより、摂取できる酸素量が制限され、慣れていないと酸欠の状態にもつながり、通常の練習では貧血を起こす可能性もあります。

そのため、マラソンのトレーニングにマスクを使用する場合には、徐々に慣らしていくことが必要です。

練習の一部にマスクを使用した時間を組み込み、その時間を徐々に増やすなどの工夫が必要です。

体調の変化には、十分注意しながら使用することで効果を上げることができます。

マラソンのトレーニングでのマスクは擬似高地?

マラソンのトレーニングでのマスクの使用は、高地トレーニングと同様な擬似環境を作ることで、肺活量や筋力のアップの効果が期待できます。

それに加え、花粉や虫、交通量の多い都市部の排ガスなどの有害物質の吸い込みを防ぐ効果も期待できます。

マスクを使用した状態でのトレーニングは、通常よりも体内に取り込める酸素量が減るため、練習中の体調には注意が必要です。

通常の練習時間よりも短時間での効果も見込まれる反面、体への負荷もかかりますので、バランスよくトレーニングに取り入れることをおすすめします。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする