子供ができるマラソンの練習方法

子供ができるマラソンの練習方法は、年齢によって、変化をつけて行うことが大切です。

マラソンの練習というと、大人でも長距離を長時間走り込んだ練習といった方法をイメージすることが多く、それだけでも憂鬱なものと感じる人も多いと思います。

子供には、マラソンは長い距離を黙々と走る嫌なものという印象をつけない練習方法を取り入れることが大切です。

体の成長状況に応じた子供の練習方法として、公園を走り回ることでの体力の増強をはかるなど、目先を変えた練習を活用することです。

小学校の低学年くらいの子供のマラソンといえば、1キロ程度の持久走ですが、これには、15分程度動き続ける心肺能力と筋力をつけてあげることを主眼とした練習方法を工夫するべきです。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

子供ができるマラソンの練習方法には?

子供ができるマラソンの練習方法には、小学校の低学年くらいを想定した場合、フォームを矯正するような練習ではなく、自由に駆け回ることが楽しいと思わせる練習方法をとります。

例えば、親子でジョギングする際に、途中まではゆっくりとしたペースでの走り、途中でスキップを入れたり、数十メートルだけのダッシュ走を入れてみるなど、リードする親御さんが、走り方を変化させてやることで、子供はワクワク感を感じることができます。

子供にマラソンの練習をさせる場合、走ることのみに焦点を当てた練習方法は避け、遊びの中から、心肺能力と体の可動域を広げてあげる動きを助長してあげるべきです。

それに加え、冬の時期にテレビ中継などで放送される有名マラソン選手や駅伝の選手の走りを見せることで、子供に走るフォームを意識させることです。

子供が憧れを持つ選手が出てくれば、無意識のうちに、フォームを真似するようになります。

小学校の低学年くらいの子供の練習方法には、体を動かす動機付けとなる遊びを中心とした方法を選択した方が良いと思います。

子供のマラソンの練習方法で避けるべきことは?

子供のマラソンの練習方法で避けるべきことは、大人が練習する場合のような一日5キロを走るといったノルマを設定するべきではありません。

マラソンの練習をするのだから、練習の内容を設定して、時間的にはこの程度という発想は、大人の都合で、子供の練習には、興味を持たせる方が重要です。

走ると楽しいからという状況を、遊びの中に作り出してあげれば、鬼ごっこや追っかけっこのような状況で、走る練習につなげることが可能です。

整備されたトラックを整然と走ることを子供に求める必要はなく、その練習方法は、子供の年齢が高くなって取り入れるべきです。

また、走り出しの際の、「よーい、ドン!」も単に、子供に緊張感を与えるだけで、フォームのかたまる前の子供には、練習中にはやるべきではないと考えます。

子供のマラソンの練習は、遊びから

子供のマラソンの練習は、遊びから、心肺能力と筋力をあげることをしてあげることで、十分に走ることができるようになります。

昔の子供が、公園や校庭を走り回って遊んでいたのとは違い、最近では、屋内での遊びが中心となっている子供には、体を動かすことが楽しいものという意識づけが大切です。

鬼ごっこや追いかけっこといった遊びの中から、走りのリズムの変化や競争することへの興味を引き出してあげることで、自然に体力の向上にもつながります。

子供の走るフォームよりも、運動能力の基礎的な身体の成長を促す練習方法を遊びの中から選択してあげることで、無理することなく練習が可能です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする