マラソン初心者向けの練習方法

マラソン初心者の練習は、まず、30分程度適切なフォームでリズム良く歩き続けることから始めます。

マラソンの練習に歩くというと、妙な練習に聞こえますが、歩く姿勢とリズムを矯正することが、走るフォームにもつながります。

30分程度フォームを崩さず歩くことができてきたら、次は少し早足程度で、呼吸が辛くない程度に、歩く時間を伸ばしていきます。

この時のスピードは、喋ることができる早歩き程度の練習をします。

この時、意識しておくことは、走る時の姿勢と、足の出し方、腕の振りといったものに注意しておきます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソン初心者の練習は?

マラソン初心者の練習は、ロングスローディスタンスという練習方法があります。

マラソン初心者が完走を目指す場合、6~7時間程度が目安になり、それだけの時間を動き続ける筋力を必要とします。

完走するために必要な時間を小走りであれ、走り続けるための筋力と心肺機能を向上させるためには、ゆっくりとしたスローペースで、長い時間を走る練習方法が最適です。

ロングスローディスタンスと呼ばれる練習では、前述のように、喋る事ができるくらいのスローペースで、走る時間を30分、40分といった具合に増やしていきます。

一時間程度まで、継続して走れるようになれば、30分で走れるスピードをほんの少しだけ上げて同じように反復した練習をします。

目安としては、5キロを約30分程度で走ることができるようになれば、そのままのペースで、走る時間を延ばしていきます。

まずは、30分走り続けることができるようにし、それができれば、10分延長し、さらに10分と走り続ける時間を延ばした練習をしていきます。

その際、走るペースを上げることではなく、一定のリズムの正しいフォームで走ることを意識します。

マラソン初心者の練習での注意は?

マラソン初心者の練習での注意は、練習を始める前の準備運動と、練習を終える際のストレッチなどで、筋肉をほぐしておくことが重要です。

初心者が練習を一人で行う場合、自分が考えている以上に無理をしがちです。

2日走る練習をしたら、1日は休養するといった練習の頻度を取ることで、筋肉の疲労を取ることも必要で、怪我の予防にもつながります。

マラソンの完走には、数日の練習では無理があり、初心者が完走のための準備期間には半年から一年程度は必要と考え、ゆっくりと練習を継続することです。

マラソン初心者の練習の目安

マラソン初心者の練習の目安は、2日走って、1日休養といったリズムがオススメです。

走り初めの頃は、周囲のことが気になり、自分のペースもつかめず、早く走ろうとしがちです。

しかし、初心者の練習では、30分で5キロを楽に走ることができるまでは、徐々に体を動かすことが重要です。

マラソンの練習は、30分5キロという基準を、自分の体感として、作り上げていきます。

初心者のマラソン練習には無理は禁物で、トレーニング方法や体の異常に気づいた際には、休養を挟んで、知識を吸収することも重要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする