マラソンでの登り坂の走り方のコツは?

マラソンなどの長距離のロードレースでは、通常の道路をコースとして使用するため、登り坂や下り坂もあり、走り方にもコツが必要です。

フラットな道路でも、長距離を走ることでの疲労感は蓄積しますが、坂道であれば心理的な苦手意識と気力で越えようとする力みでの疲労感の増幅にもつながりかねません。

平坦な道路を走る時と少し技術的な要素を加えて、登り坂を多少でも楽に走ることも練習しておくことが必要です。

平坦な道路だけでの練習では、登り坂の走り方は気合いと気力で乗り越えることにつながり、効率的な走り方とはいえません。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンでの登り坂では、前傾姿勢をとることで?

マラソンでの登り坂では、前傾姿勢をとることで、視線は登り坂の頂上ではなく、進行方向の5メートル前後に置くことができ、体全体を前傾姿勢にできます。

視線が登り坂の頂上方向になく、前方にあることで、登り坂に対する心理的な緊張感や力みが柔らぎ、上半身の硬直も防ぐことができます。

登り坂での走り方には、前傾姿勢をとることで、体の重心を前方の斜め下方向に落としながら、地面に体重を前方へ移動させることで、前に進む推進力に変えることができます。

体の重心を前方に置くことで、登り坂での走り方では、楽に駆け上がるコツにつながります。

マラソンでの登り坂への苦手意識も変えることが?

マラソンでの登り坂への苦手意識も変えることが、坂道を多少なりとも楽に走るコツにつながります。

毎日の練習で、坂道に対する技術的な練習を積んでいないと、実際の登り坂を目の前にすると気力と脚力で乗り切れば、と無意識に思いがちです。

毎日の練習に坂道をコースに組み、技術的なことを習得することができれば、坂道に対する苦手意識も解消できます。

登り坂を駆け上がるためには、精神論ではなく、走り方を平坦なコースのものとは違う前傾姿勢をとることで、筋肉への負担や苦手意識を軽減できます。

技術的な要素を走り方に加えることで、身体的な負担を多少軽減できるものの、走るタイムは平坦な場所よりもかかってしまうことは、致し方ないことと割り切ることも必要です。

問題は、登り坂を駆け上がった後の、意識の切替と筋肉に溜まる乳酸を深呼吸して減らすなどの技術的な走り方が、登り坂を攻略するコツです。

マラソンでの登り坂を攻略するには、前傾姿勢で!

マラソンでの登り坂を攻略するには、前傾姿勢をとることで、体の重心を前方下方に落とし続けるイメージで、前方に進むことが可能です。

体の重心を登り坂では、前方に置くことで、登り坂の頂上から引き上げられるイメージで駆け上がります。

登り坂の攻略には、精神論で駆け抜けることではなく、ランニングフォームを平坦な場所での走り方と多少変更して対応する技術的な要素で、対処することが多少なりとも楽に走るコツです。

登り坂では、平坦な場所で走る場合よりもタイムロスがでることは、仕方がないと割り切り、気分を変えることも、レース全体のペース配分も楽になります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする