マラソン完走のための縄跳びトレーニングの方法

マラソン完走のための練習には、毎日の継続したジョギングやランニングが絶対、と思い込んでいるランナーも多いと思います。

マラソンなどの長距離の練習には、走ることでの練習以外にも、筋力トレーニングやロードバイクなどでの代替練習方法も存在していて、縄跳びによるトレーニングもその一つです。

縄跳びのトレーニングは、手軽に誰もが子供の頃には一度は経験があり、走ることに比べて故障のリスクが高くありません。

しかも、縄跳びのトレーニングでは、ジャンプと着地を反復することで、下肢の筋肉を鍛えることができ、跳ぶ回数によって心肺機能の向上もできます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンの練習のための縄跳びトレーニングの方法は?

マラソンの練習のための縄跳びのトレーニング方法は、最初は5分程度から始め、徐々に継続時間を延ばしていきます。

ちょうど、ジョギングでの練習を始める際の要領で、30分程度を継続して跳べるくらいまで練習できれば、走るトレーニングと変わらない効果が期待できます。

縄跳びの跳び方は、普通の前回しでの跳び方で、縄のスピードよりも、ランニングのリズムに近い状態で継続して跳べることに重点をおいたトレーニングをします。

できれば、アスファルトやコンクリートの硬い場所でなく、土などの地面でのトレーニングの方が、足への負担が軽減され、故障のリスクも軽減できます。

数分間から数十分を、ジャンプと着地を繰り返すことで、下肢には瞬発的な収縮の負荷がかかり、それによって走る際の瞬発的な筋肉の動きにも対応が可能になります。

走ることでの足の使い方とは、多少違う筋肉の鍛え方と縄跳びのトレーニングでの柔らかい筋肉と筋力の使い方も自然と身につきます。

縄跳びのトレーニングのマラソンへの効果は?

縄跳びのトレーニングのマラソンへの効果は、前述したように、走る練習とは違う下肢の筋力を弾性を向上しながら強化することができ、心肺機能を向上させられます。

マラソンの練習には、走ることが最も重要ですが、筋肉の使い方を変えたトレーニングは、体幹を中心とした筋肉の動きや使い方が、走る際の体の柔軟性や気分的な転換もはかられます。

縄跳びでのトレーニングには、最短5分跳ぶことも可能で、走る練習時間が取れない時や、雨などの天候による影響時にも、代替練習として効果が期待でき、精神的な充足感にもつながります。

マラソンの練習に縄跳びのトレーニングの活用も?

マラソンの練習では、長距離に必要な筋力とその筋肉の有効な使い方を身につけることが、最も重要です。

日頃の走ることを中心とした練習で、本来の走ることへの効果は期待できますが、天候や体調の変化に合わせたトレーニング方法を活用することも効果的です。

そのひとつが、縄跳びでのトレーニングがあり、特殊な跳び方をする必要はなく、跳ぶ継続時間を長めにすることで、走ることの代替練習として活用できます。

筋肉の瞬発力や体のリズム感を鍛える効果も期待でき、短時間での練習が可能なことも、トレーニングメニューとして活用できます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする