マラソンの走り方のコツにもなる呼吸と姿勢のとりかたは?

マラソンの走り方には、ランニングフォームでの姿勢と呼吸の仕方などで、苦しさを多少軽減できるコツが隠されています。

マラソンの完走を目指す初心者は、苦しく長い距離を走るタイムにも注目したいところですが、初回では特に、タイムよりいかに楽に走るかに焦点をあてた練習が効果的です。

ランニングフォームと呼吸は密接な関係があり、疲労感の蓄積で呼吸が乱れれば、ランニングフォームが崩れます。

マラソンなどの長距離を走るには、体内への酸素供給が重要で、そのための呼吸法が大切であり、楽に走るためのコツにもつながります。

その呼吸を維持するためには、ランニング中の姿勢も重要で、心肺機能を最大限に活用できる姿勢にすることが必要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンを少し楽に走るためのコツには?

マラソンを少し楽に走るためのコツには、いくつかのポイントがあります。

マラソンを走る前の準備段階で、準備運動とウォーミングアップを入念に行い、気合を入れすぎずにスタートラインに立つことが、第一のコツです。

準備運動で走るための筋肉をほぐし、走るための酸素を体内に取り込める体温に上げておくことで、走り出した後の体内への酸素供給がスムーズに行われ、苦しさの軽減につながります。

走るペースも、最初はゆっくりしたウォーミングアップ程度から、徐々にペースアップしていくことで、ウォーミングアップで不足した分を補いつつ、走るための体の状態を上げることが可能となり、楽な走り方のコツといえます。

マラソンを少し楽に走るための姿勢と呼吸には?

マラソンを少し楽に走るための姿勢と呼吸には、相関関係があり、背筋を伸ばして胸を張ったランニングフォームを維持することで、内臓を含めた体内の器官の圧迫を少なくし、呼吸での酸素を効率よく取り込むことが可能です。

走っている間の呼吸は、二回吸って二回吐く、あるいは、二回吸って一回吐くというものが、おすすめです。

実際には、鼻から二回吸って、口から二回吐くという呼吸法のようにすると、コツがつかみやすいと思います。

ランニングフォームを意識した練習を日頃から継続し、その都度、検証と修正を加えることで、自分に適した楽な走り方にもつながります。

足のつき方にも、つま先よりのフォアフット着地やかかと着地があり、初心者の場合には、かかと着地からのつま先での蹴り出しによるランニングフォームが、疲労感を軽減した走り方といえます。

この時の接地の際の足は、膝をやや曲げた状態でのかかと着地が重要で、膝が伸びきった状態でのかかと着地は、足首への衝撃が大きくなり、体の動きへのブレーキにもなり、疲労感が増しますので、注意が必要です。

マラソンの完走を楽にするランニングフォームと呼吸法

マラソンの完走には、長時間の長距離のランニングの継続が必要で、その間の疲労を少しでも楽にするためには、背筋を伸ばした姿勢を維持したランニングフォームが必要です。

このランニングフォームを維持するためには、日頃の練習で作られた筋力や心肺機能が必要で、それらを最大限に活用した呼吸法で、楽な走り方につなげることがコツです。

マラソンは、その起源において、人の致死量ともいえる距離を走るのですが、トレーニングの方法や実際のレースでの走り方の工夫で、多少楽にすることが可能です。

そのポイントが、ランニングフォームでの姿勢と呼吸であり、日頃の練習から、そのコツをつかむことが大切です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする