マラソン初心者のためのフォーム改善指導法

マラソンの完走を目標に練習を開始する初心者は、できれば、マラソン経験者などに的確な指導を、最初に受けておくことをおすすめします。

マラソンを完走するためには、理にかなったフォームを身につけることで、早く走ることが可能になることはもちろん、必要以上の疲労を体験する必要がなくなります。

走ることは、幼い頃からの癖があり、正しいランニングフォームを最初に指導してもらうことで、練習中の怪我の予防にもつながります。

ランニングフォームの形成には、トップランナーのフォームを見ることでイメージトレーニングすることも大切です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソン初心者のフォームの作り方は?

マラソン初心者のフォームの作り方は、まず歩き方からはじめます。

走ることの基本は歩くことにあり、歩く動作での体重移動や足の運び方を改善していきます。

長距離のフォームには、ピッチ走法とストライド走法のふたつがありますが、初心者には、ピッチ走法がおすすめです。

初心者の正しいフォームを作るための練習には、マラソン経験者などに適切な指導を受けながら行うことが効率的で、その後のジョギングやランニングの練習の効果も違ってきます。

自分では気付きにくい足の運びや、腕との連動性、全身のリズムを上級者からの指導を受けることで、客観的な判断ができ、効率的な練習にもつながります。

ランニングフォームの改善には?

ランニングフォームの改善には、通常の練習で体の膝や腰といった特定の部位に痛みを感じたり、走ることへの違和感を感じた際に必要です。

初心者の場合、練習を開始して筋力がアップされたり、走力の向上で、当初のランニングフォームのままで走ると疲労度があがることもあります。

これらは、練習開始前の体のバランスとは違う状態に変化しているためで、ランニングフォームを改善するタイミングでもあります。

膝や腰に普段感じない痛みや疲労感を感じる際には、着地の方法を見直して、フォームの改善をはかることも有益です。

ランニングフォームの改善点には、上半身や下半身の状態、それぞれのバランス、足の運びのリズムなど、痛みがでている現状を正確に認識することが重要です。

現状を認識したうえで、フォームをいかに改善すべきかは、的確な判断が必要ですので、この判断には周囲の信頼できる上級者ランナーの指導を受けることをおすすめします。

マラソン完走を楽にするフォームの作り方

マラソン完走のタイムを速くするためには、練習の強度や頻度を上げる必要で、ランナーの経験値によっても違いがありますが、楽に走るためには、フォームを改善することで効果が期待できます。

ランニングフォームの改善は、ケガの防止や疲労度の軽減などの効果がありますが、フォームの修正にはそれなりの知識が必要です。

マラソン初心者のランニングフォームの改善には、できればマラソン経験者などの的確な指導をしてくれる人からのアドバイスを受けることをおすすめします。

フォームはランナーの筋力や体格など、さまざまな条件を考慮したうえで改善する必要があり、自分でもフォームチェックして模索してみることです。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする