マラソンのブランク明けの練習のやり方

マラソンのレースや練習を継続しているランナーの中には、ケガや病気などで、走れない期間を持つ人もいます。

走れない期間のブランク明けの練習には、少し注意も必要ですが、意外にも体は走っていた習慣を覚えています。

ブランク明けの練習では、少し走り出すと、以前練習していたペースで走ろうとします。

いわゆるマッスルメモリーと呼ばれるもので、ブランク明けには精神的に爽快感を感じるランナーも多くいます。

しかし、走れなかったブランクで、筋肉が痩せていることには、注意が必要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンのブランク明けの練習を開始する場合には?

マラソンのブランク明けの練習を開始する場合には、休んでいた期間で鍛えていた筋肉が衰えていることに、注意が必要です。

一度鍛えた筋肉は、ブランク明けに練習を再開することで回復しますので、それほど気にやむことはありません。

練習の再開で、いきなりブランク前のトレーニング強度に戻すことは、厳禁です。

ゆっくりと、筋肉の強化とコンディション調整する練習を、積み上げ直します。

特に、ブランクが3カ月以上の場合には、初心者として練習を開始した時点に戻したメニューでやり直すくらいが、オススメです。

一週間ごとに、1割程度の練習強度の強化をはかる程度のペースでの練習計画を実施することで、徐々に回復できます。

マラソンのブランクによる精神面は?

マラソンのブランクによる精神面は、そのブランクの原因にもよりますが、怪我や病気などでの休止の場合、モチベーションの低下から、練習の再開に躊躇するかもしれません。

それまでの練習が無駄になったという感情や、目標に対する生活が継続できなかったことへの精神的な落ち込みなど、ランナーによってさまざまです。

マラソンの練習のブランクは、自分のランニング経歴での経験値として生かすことを考えるポジティブさを備えることで、マラソンのレースでの精神状態の効果につながり、その後の生活での思考にも影響を与えるかもしれません。

マラソンの練習を休止した後に走り出す感覚は、練習で初めて走った時とは違った爽快感を感じるものです。

マラソンは人生のようなものという人がいるように、ブランク明けの練習には、さまざまに感じるものがあり、ある意味で有益なものです。

マラソンのブランク明けには、徐々に回復を?

マラソンの練習を怪我や病気などの理由で休止した期間後の練習には、注意が必要です。

休止する前の練習状態を体は覚えていて、走ることの爽快感をブランク明けの練習には感じることも多く、いきなり走るペースが上がりそうになります。

休止した期間で、確実に筋力は低下していて、以前の練習状態に戻すには、ある程度の期間が必要です。

そのため、ブランク明けの練習再開は、初心者に戻った状態から始める練習メニューがおすすめです。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする