マラソンのポイント練習の頻度は?翌日は?

マラソンを速く走るための練習に、ポイント練習と呼ばれるものがあり、初心者の場合、週に1度か2度の頻度で行ないます。

マラソンの練習には、このポイント練習とつなぎ練習を組み合わせた練習計画で、タイムの短縮の効果につなぐことができます。

ポイント練習には、インターバル走やペース走、距離走、ロングスローディスタンスなどがあります。

これらの練習は、心肺機能を向上させ、スピード持久力を高める効果がありますが、練習強度が強いために、連日の練習には向きません。

そのため、ポイント練習の翌日には、つなぎ練習と呼ばれるジョギングを中心とした練習をこなし、練習の頻度と強度を調節します。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンのポイント練習には、何を?

マラソンのポイント練習には、何をするかといえば、スピード練習を目的としたものが中心です。

ポイント練習には、インターバルトレーニング、15キロ程度のペース走、90分程度のロングスローディスタンスなどの練習メニューが考えられます。

これらの練習には、比較的長時間を必要とし、市民ランナーが毎日行うには無理があり、練習の頻度としては、週末などに集中した方法が現実的です。

週末に実施されるマラソンのレースも多く、ポイント練習の代用として、それらのレースに参加することも有効な練習になります。

実際に、毎週ポイント練習がわりにマラソンのレースを走ることは、負担が大きいと考えられますが、川内選手が実践していることで、その効果は証明されています。

マラソンの練習にはメリハリをつける?

マラソンの練習には、毎日継続したつなぎ練習とよばれるジョギングを中心とした練習メニューで、全身の筋力強化や心肺機能の向上をはかり、週に1度程度の頻度でのポイント練習で、速く走るための追い込んだ練習メニューをこなします。

ポイント練習で追い込んだ翌日は、休養にあてるなど、筋肉の疲労の回復をはかり、つなぎ練習へとつなぎます。

このように、マラソンの練習には、メリハリをつけた練習が筋肉の強化や心肺機能の向上につながります。

仕事や家事をこなしながら、マラソンの完走を目指す市民ランナーにとって、ポイント練習の頻度を増やし、翌日の休養での回復をはかるスケジュールを、実際のマラソン大会への参加などで、重複させるなどの工夫が大切です。

翌日に休養を必要としない程度の毎日のジョギングを中心とした練習で走るための体づくりをし、ポイント練習での走力アップをはかることで、効率的な練習成果につながります。

ポイント練習にはまとまった時間が必要?

マラソンの練習には、毎日のジョギングを中心とした練習メニューの継続と、走力アップのためのポイント練習を組み合わせます。

ポイント練習には、まとまった時間と練習翌日には筋肉疲労が予想されるため、週に1回程度の頻度で行います。

マラソンの練習には、毎日の継続と計画性が重要で、失敗だと思える練習には、検証したうえで修正を加えることが必要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする