マラソンのレース前1週間の練習と調整

マラソンのレース前1週間になったら、練習の量を少し減らして、体と心の調整に心がけます。

しかしながら、練習の量を減らすといっても、練習の質は維持することが重要です。

練習に負荷をかけた長時間走などの練習は、時間を短縮し、ペース配分は追い込んだ練習といった質を保つようにします。

初めてのマラソンのレース前1週間であれば、さまざまな不安感や緊張感から、心理的な状態も不安定になりがちですが、それまでの練習の積み上げを確認し、体の調整に集中することをおすすめします。

レース前1週間で、負荷をかけた練習や普段していないマッサージなどでの体の調整は、避けたほうが無難です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンのレース前1週間の練習は?

マラソンのレース前1週間の練習は、それまで積み上げた準備を信じて、無理な練習による調整をしないことです。

マラソン初心者の初めてのレースであれば、レース前1週間になって、無理な練習でタイムを短縮しようなどと考えず、早めに就寝して体の調整をしたほうが無難です。

練習の量を抑えて、筋肉が必要以上に緩みすぎないように、ウォーキングやジョギングでの練習程度にして、休養をとりつつ、リフレッシュすることをおすすめします。

学生時代のテストの前日の一夜漬けのようなことは、マラソンのレースでは通用しません。

レース前1週間になったら、ジタバタせず、それまでの練習での疲労を取りつつ、筋肉を緩ませすぎない程度の練習と体重の管理に注意した調整をすることが賢明です。

マラソンのレース前1週間の調整は?

マラソンのレース前1週間の調整は、体の調整はもちろん、精神的なリフレッシュによる調整も重要です。

初めてのマラソンレース前1週間であれば、それまで自分なりに練習してきたとはいえ、不安感や焦燥感に駆り立てられることもあります。

初マラソンで目標タイムを必要以上に意識する必要がない場合、成るように成るくらいの開き直りと、早めの就寝での体調の調整を心がけます。

練習の質をキープして練習量を減らした調整をするレース前には、体重の管理には注意が必要です。

普段の練習量よりも減らすことで、食事管理をすることもレース前の大切な調整です。

レース本番で、体調をピークにするために、筋肉に適度な刺激を加える短めのペース走などの練習と、適切な栄養摂取の食事、精神的なリフレッシュといった調整をすることが重要です。

マラソンのレース前1週間はジタバタしないこと

マラソンのレース前1週間になったら、それまでのつなぎ練習などのメニュー以上のことをしようとせず、体調の調整にあてます。

練習量も普段よりも少なくしながら、練習の質はキープして、筋肉に刺激を与える程度に抑えておきます。

走る距離は短くしても、走るペースは通常の練習と同等にしておくことで、筋肉への刺激は十分です。

生活のリズムをレース当日のスタート時間にピークを持っていけるように、心身のリラックスをはかり、食生活も炭水化物を多めに摂取するなどの管理しておきます。

それまでの練習の集大成として、マラソンのレース前1週間になれば、ジタバタしないで開き直ることも必要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする