マラソンの疲労回復の方法は?食べ物は?飲み物は?

マラソンのレースを走りきってゴールすれば、42.195キロという長距離を走ったことになり、自覚している以上に、体は疲労しています。

レース終了後にアイシングや温浴療法などの処置をする体のケアや、食事で摂取する食べ物や飲み物での疲労回復をはかることも重要です。

疲労回復のための方法には、どのタイミングで、何をするべきかについては、基本的な知識をもっておくことで、次のレースへの準備への回復を早めることにもつながります。

マラソンを走りきったら、まずは、アイシングとストレッチ、糖質と水分の補給をすることが重要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンのレース直後には?

マラソンのレース直後には、疲労して炎症を起こしている筋肉をアイシングやストレッチでほぐすことで、疲労回復を早める効果が期待できます。

レース中には、走るエネルギーとしての糖質であるグリコーゲンが肝臓から排出されており、バナナなどの食べ物をレース後30分以内の摂取することで、早い回復につなげることができ、その際には、ビタミンやミネラルも失われているので、スポーツドリンクなどの飲み物での補給方法が、応急処置に適しています。

この疲労回復のための糖質と水分の補給は、レース後の早いタイミングでの摂取が必須で、遅くとも30分以内には摂取するようにします。

筋肉の疲労には、痛みやハリの症状での自覚があるものの、内臓疲労に関しては、自覚症状がない場合も多く、その点には注意が必要です。

マラソンのレース後の疲労回復の方法は?

マラソンのレース後の疲労回復の方法は、レース直後のアイシング、ストレッチ、スポーツドリンクなどの飲み物での応急的な糖質と水分等の摂取などを施し、レース後2時間程度が経過した段階での食事による疲労回復をはかります。

マラソンのレースで長距離を走ることで、筋肉や内臓にかなりの負担がかかり、炎症や損傷が体の内部で起きています。

人間の体の自然治癒力を促すためにも、レース終了後の栄養補給には、終了直後の糖質と水分を飲料などで補給することに加え、2時間程度経過した段階で、本来の食事によって疲労回復をはかります。

その際の食事には、筋肉繊維の修復を促すために必要なタンパク質を中心とした肉や魚といった食べ物が重要で、これに糖質やビタミンやミネラルといった栄養素を多く含んだ食べ物を摂取することが、疲労回復につながります。

レースによって、内臓疲労もありますので、消化に良い状態の調理方法を選択することも必要です。

マラソンの疲労回復には休養と栄養を?

マラソンのレースでの疲労は、日頃から練習を積んだランナーであっても、想像以上に筋肉疲労や内臓疲労が蓄積します。

まずは、疲労回復のために、食べ物や飲み物での応急処置的な栄養補給を2段階に分けて行い、筋肉や内臓の疲労回復の方法をとります。

筋肉の疲労回復には、タンパク質が必要で、その吸収にはビタミンやミネラルといった栄養素も補助的に必要です。

普段のバランスの良い食事の摂取方法に加え、疲労回復に必要な栄養素を含んだ食べ物や飲み物を、内臓に負担のかからない調理方法での摂取をするようにします。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする