マラソンを完走するためにブドウ糖の補給の効果は?

マラソンの練習やレースで体内で消費されるエネルギーには、グリコーゲンと呼ばれる糖質とタンパク質が、筋肉に消費されます。

マラソンの練習などで走る運動は、有酸素運動であり、練習の強度によっては血中の糖質が減り、それを補給することは効果があります。

糖質にも種類があり、グリコーゲンを補給することは効果がありますが、ブドウ糖は有酸素運動の効果を落とす可能性があります。

有酸素運動ではエネルギーを生み出すために、糖質が中心に消費され、その後アミノ酸やタンパク質で糖質が生成され、その後脂質を中心とした消費がエネルギーを生成します。

ブドウ糖は、脂質からのエネルギー生成を邪魔する効果があり、そのため、補給は避けるべきといえます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンの完走のために必要な栄養素は?

マラソンの完走のために必要な栄養素は、通常の健康的な生活に必要な栄養素に加え、走るために必要なエネルギー源となる炭水化物を加える必要があります。

走るための栄養素の補給として、レース前にカーボローディングと呼ばれる食事法も存在しており、炭水化物を中心とした食事で糖質を体内に蓄積します。

走る運動には、炭水化物から摂取される糖質が重要で、この糖質は、体内でグリコーゲンとして生成され、蓄積されます。

筋肉を動かすエネルギーには、糖質はもちろん、タンパク質やアミノ酸といったものが必要で、これらを補助する役目として、ビタミンやミネラルといった栄養素があり、バランスの良い食事での補給が必須です。

走るための栄養素の補給の基本は、規則正しい食生活とバランスのとれたメニューであり、継続した摂取で効果が期待できます。

有酸素運動の効果を阻害するブドウ糖?

有酸素運動の効果を阻害するブドウ糖は、運動中に補給するべきではなく、ブドウ糖よりも果糖を補給するべきです。

有酸素運動では、糖質の燃焼から始まり、脂質の燃焼へと移行します。

脂質を燃焼して、体内エネルギーを生成する際に、ブドウ糖がその効果を邪魔してしまうため、運動中の補給は逆効果です。

マラソンの完走を目指す場合のエネルギー補給のためのスポーツドリンクに、ブドウ糖の成分が含まれていないのも、このためと考えられます。

マラソンの完走のためのエネルギー補給には?

マラソンの完走のためのエネルギー補給には、糖質やタンパク質といったものが重要な栄養素ですが、マラソンが有酸素運動である体内メカニズムからも必要なものです。

その効果を上げるために、ブドウ糖はエネルギー生成を妨げるもので、運動中の摂取には注意が必要です。

有酸素運動の効果を上げるための補給には、ブドウ糖を含まないスポーツドリンクが有効で、効果を期待できます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする