マラソンランナーに効果的な食事のメニューは?

マラソンランナーが走る練習の効果を上げるためには、食事による体づくりも重要で、そのための食事メニューは考えるべきです。

通常の健康を維持するためにも、一日30品目を摂取することが推奨されていますが、これは、バランスよく栄養を摂取することを可能にします。

マラソンの練習やレースで消耗されるエネルギー補給や疲労回復には、通常の食事メニューに加える栄養や量などに配慮する必要があります。

マラソンでは、走るエネルギーを必要としますので、通常の食事メニューで、糖質と脂肪を確保することが必須です。

そのほかにも、必要な栄養素をバランスの良い食事メニューを構成することで摂取することを心がけます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンを走るランナーのために必要な栄養は?

マラソンを走るランナーのために必要な栄養は、走るエネルギーとして必須となる炭水化物であり、糖質を摂取することが重要ですが、体内に貯蔵できる量が少ないために、毎食摂取するように心がけます。

炭水化物は、ご飯やパン、麺類に多く含まれていて、普通の食生活をすれば、主食として食べられているため、特別意識しなくても摂取可能です。

体を作るために必要な栄養であるタンパク質は、肉、魚、卵、大豆などに含まれていて、主菜として食事のメニューにすることで摂取が可能です。

走ることで失われるアミノ酸には、体内で作られないものがあり、運動の効率を高めるためにも、必須アミノ酸を食事から摂取する必要があります。

必須アミノ酸は、タンパク質を摂取するための肉や魚、乳製品などからも摂取が可能で、主菜としてのメニューを決める際に合わせて考慮します。

このほかにも、走ることでの疲労回復やスタミナを維持するための栄養であるビタミンや鉄を副菜に加えて、摂取するようにします。

食事のメニューを主食、主菜、副菜で構成すると?

食事のメニューを主食、主菜、副菜で構成すると、健康的な食事として成立するうえに、マラソンを走るランナーの食事としての条件を満たします。

走るために必要な栄養を考えて、走るエネルギーの元になる炭水化物をご飯などの主食で、体づくりに必要なタンパク質などを主菜に、そのほかに必要な必須アミノ酸やビタミンなどを副菜にする構成で、メニューとして構成します。

マラソンを走るための体づくりと練習を支える食事は、毎日必要なことで、そのメニューには、主食、主菜、副菜の柱を立てて考えると容易に設定できます。

これには、和食でのメニュー構成を使うと、必要な栄養素を含んだうえでの摂取が可能です。

マラソンを走るランナーにはバランスの良い食事を!

マラソンを走るランナーには、バランスの良い食事を朝昼晩に摂る習慣が大切です。

食事のメニューには、主食、主菜、副菜の構成において栄養バランスを考えます。

マラソンを走るランナーに最も必要とされるエネルギーの元になる炭水化物を中心としたメニューには、和食を中心としたメニューを利用すると簡単です。

食事による身体づくりは、1日ではできませんので、毎日の練習と合わせて継続が必要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする