マラソンの練習の効果を高める食事

マラソンの練習を積み上げて走力をつけることと同時に、食事による体づくりも重要です。

食事による体づくりは1日で作ることはできず、1日3回の朝昼晩の規則的な食事の習慣と、主食と主菜と副菜のバランスのとれたメニュー、それに加えて走るために必要と考えられる栄養素を付け加えた食事内容のものを摂取します。

一般的な健康体を維持するための食事とマラソンを完走するのに必要な食事は、若干違うと考えます。

走るために必要なエネルギーは、日常生活で必要な摂取量に追加する必要があります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンの練習に必要な食生活の習慣は?

マラソンの練習に必要な食生活の習慣は、1日3回の朝昼晩の規則的な食習慣が必要です。

忙しい現代人には、朝食を抜く成人が約1割程度いるといわれていて、規則的な食習慣ができていない人も多いのです。

生活習慣の見直しをして、まずは朝食を摂る習慣をつけ、昼食と夕食での食習慣の見直しをすることが、体づくりの前提条件です。

朝食、昼食、夕食のそれぞれで、主食、主菜、副菜といったバランスを考えた内容での食事をとることにも気を配ります。

例えば、昼食などでコンビニを利用する場合の弁当でも、ご飯やパンなどの主食、ハンバーグなどの主菜、野菜スープなどの副菜といった食事のメニューの揃え方を考えるだけでも、バランスは確保されます。

マラソンの練習に必要な栄養素は?

マラソンの練習に必要な栄養素は、通常の食事に加え、タンパク質やビタミン、水分を余分に補給しておくことが必要です。

これには、基本的な食事に、乳製品の牛乳やチーズなどを加えたり、果物をデザートやおやつで食べるなどして、摂取することをおすすめします。

それに加えて、水分をこまめに摂取しておきます。

通常の成人に必要な摂取カロリーは、体重に30kcalを掛けたカロリーといわれますが、マラソンの練習をする場合、これだけではエネルギーの消費量の分は不足します。

目安として、マラソンの練習をする前に摂取していた食事量に、1日におにぎり1個分程度を余分に食べることが必要といえます。

マラソンの練習をしているからと、むやみに食べる量を増やすことは、単なる体重の増加につながり、練習の効果を高める食事にはなりません。

マラソンの練習と食事の習慣改善の相乗効果を?

マラソンの練習での走力や筋力の強化をはかることと同時に、食事による体づくりは相乗効果をもたらします。

食事での体づくりは、1日ではできず、毎日の朝昼晩の食習慣の見直しで、バランスのとれた食事内容を確保し、走るために必要なタンパク質やビタミンや水分を余分に補給しておくことが必要です。

食事の内容は、主食、主菜、副菜のバランスで考え、これに牛乳などの乳製品と果物を加えることで、走るために必要な栄養素と量を確保できます。

マラソンの練習とは違い、食事には休養日がないので、毎回の食事に気をつける必要があります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする