マラソンの練習による内蔵疲労対策

マラソンの長時間の練習やレースで、筋肉の疲労や全身の倦怠感を感じる疲労感は、どのランナーも経験があると思います。

マラソンに限らず、あらゆるスポーツの練習や試合での筋肉の疲労は、自覚症状があり、対処法を模索しやすいものですが、実は、内臓も疲労しています。

マラソンの練習では、長時間体内が揺れることで、初心者では特に内臓を支える体幹の弱さもあり、内臓疲労への影響は大きくなります。

内臓疲労の原因は、運動することによる体内の血液循環と運動による体の内部の揺れが影響しています。

マラソンの練習での筋肉疲労だけではなく、内臓疲労への対策も重要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

マラソンの練習による内臓疲労とは?

マラソンの練習による内臓疲労とは、次のような症状での判断が可能です。

顔や手足のむくみ、食欲がなく胃もたれを起こす、体のだるさや寝ても疲れが取れない、お腹の調子が悪いなどの症状があげられます。

これらの内臓疲労の症状は、消化器の胃腸や腎臓、肝臓といった臓器への疲労の度合いによって違いがありますが、いずれも血流が大きく影響しています。

通常時の血流は、内臓に約40パーセント程度が流れているものが、運動時には、激しく動く筋肉への血流が集まるために、5パーセント程度まで落ちるとされています。

血流によって酸素の運搬や老廃物の排出が行われますが、運動時には、この血流の役目が果たされず、内臓に負担がかかり、その結果として、内臓疲労を引き起こします。

内臓疲労の回復には?

内臓疲労の回復には、何より食事と飲料の適切な摂取により、回復の効果が期待できます。

運動中に発汗によって失われた水分やミネラルを、運動の合間にもこまめに適量を摂取することが大切で、その際、大量の水分を一度にガブ飲みすることは避け、冷えすぎた飲料の摂取も避けます。

運動後には、タンパク質と糖分を摂取することで、回復を早めることにつながります。

普段の食生活において、内臓疲労への対策だけでなく、バランスの良い食事メニューの組み立てを心がけます。

内臓疲労の回復のための食事には、油物を避け、消化の良い食事メニューにし、アミノ酸をとれる食事にすることをおすすめします。

マラソンの練習による内臓疲労への対策には?

マラソンの練習による内臓疲労への対策には、適切な食生活が最も重要です。

マラソンに限らず、運動による筋肉の疲労感には自覚症状がありますが、内臓疲労には直接の自覚症状が少ないものの、食欲不振やお腹の不調など、気づくことは多いものです。

内臓疲労への対策には、普段の食生活が重要で、バランスの良い食事をすることはもちろん、運動後にタンパク質や糖分を摂取しておくことで、回復を早める効果が期待できます。

マラソンの初心者は、内臓疲労の原因にもなる内臓の揺れを減らすための、体幹のトレーニングをしておくことも重要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大

marathon-guideレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする