マラソンを走る時に脇腹が痛いのなぜ?原因は?

マラソンなど長距離走での脇腹が痛くなった経験をお持ちの方も多いと思いますが、なぜ、お腹に痛みを感じるのでしょうか?

また、走ることで脇腹が痛いという症状の原因は、何かを考えることで対策もとれます。

マラソンでの脇腹が痛いのは、走ること自体も苦痛ですし、タイムも期待できません。

脇腹が痛いことには、横隔膜や脾臓、腸内ガスの影響が考えられ、それぞれの原因に応じた対策も必要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大




マラソンを走る時に脇腹が痛いのはなぜか?

マラソンを走る時に脇腹が痛いのはなぜか、それには、横隔膜、脾臓、腸内のガスといった原因が考えられます。

通常の安静状態から、走る状態への体の動きの変化で、体内の血液の流れや筋肉の収縮状況も変化します。

そのため、準備運動不足やウォーミングアップ不足での急な走り出しでの状態で、左脇腹が痛いと感じることが多くなります。

この痛みの原因は、脾臓から全身に急激な血液が流れ出ることで痛みが生じていると考えられます。

逆に、右の脇腹が痛いには、走り出すことで体内で重い臓器である肝臓が揺れ、それにつながった横隔膜が痙攣することが原因で痛みが生じていると考えられます。

お腹全体に痛みを感じる場合には、腸内にガスが充満していて、そのガスが腸内のさまざまな腸壁を介して内臓を圧迫することが原因になっていると考えられます。

脇腹が痛いことには?

脇腹が痛いことには、前述のような原因が考えられ、どちらの脇腹が痛いのか、両方の脇腹が痛いのか、冷静に判断した上で対処する必要があります。

なぜ脇腹が痛いのか、横隔膜が痙攣しているためか、脾臓からの血液の流れ出しによるものか、腸内のガスの影響によるものかと見極めます。

いずれの場合にも、マラソン前の食事の内容や食事を取るタイミングと、マラソンを走る前の準備運動やウォーミングアップの方法によって、脇腹が痛いことを避けることは可能です。

マラソンを走り出して脇腹が痛いのはなぜと考える前に、まずはペースを落として、呼吸を整えることが先決です。

多少でも痛みを軽減できれば、どちらの脇腹が痛いのか、それによっても、原因がはっきりしますので、慌てず対処します。

両方の脇腹が痛い時には、呼吸を整えることと同時に、走りながら手を上げることで腸を伸ばして、痛みを緩和できるか試してみます。

脇腹を伸ばすことで、腸内のガスを移動させることにつながり、痛みを軽減できます。

マラソンを走る時の脇腹が痛いことへの対策は?

マラソンなどの長距離を走り出すと脇腹が痛いという原因には、普段からの食事の内容やタイミングが大きく影響します。

なぜ脇腹が痛いのかと原因を考える前に、走っているペースを落とし、呼吸をまず整えることが大切です。

脇腹が痛い原因は、血液の流れの変化や横隔膜の痙攣が考えられ、体内の順応ができれば、徐々に改善することも多いのです。

腸内のガスへの対応には、走りながら腕を上げ下げすることで、腸を伸ばすことにつながり、多少の効果を得られます。

走る前の準備運動やウォーミングアップは十分にすることで、走り出し後の体内の変化を急激にしないことも対策としては有効です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大




marathon-guideレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする