マラソンの疲労によるふくらはぎの肉離れの治療や予防は?

マラソンの練習やレースによる疲労での肉離れには、ふくらはぎに症状が出るケースが多く、その治療法には保存療法が用いられます。

肉離れは、通常の日常生活では怒ることは滅多にありませんが、筋肉に強い収縮や極度の疲労によって発症するケースが多く、マラソンなどでも疲労の蓄積などで発症するケースがあります。

保存療法と呼ばれるものは、手術や外科的な処置をすることなく、症状に合わせて血行を高めるなどの治療を施します。

肉離れを発症した場合、治療後に筋肉の痩せや筋力の低下が起きるため、練習や競技への復帰には時間がかかります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大




マラソンでおきる肉離れには?

マラソンでおきる肉離れには、大腿部の後ろにあるハムストリングと呼ばれる筋肉やふくらはぎに発症するケースが多くあります。

特にマラソンの場合は、ふくらはぎの腓腹筋と呼ばれる筋肉の肉離れが多く、ヒラメ筋の肉離れの原因には疲労が蓄積することで発症するケースもあります。

肉離れは、急激な筋肉の強い収縮によって起こる筋肉の障害で、全身に起こりうるものです。

発症には、ダッシュやジャンプといった急激な筋力の使用時に起こることが多く、マラソンで起こる肉離れの場合には、長時間にわたる筋肉の疲労によって弱った筋肉に負荷がかかることで発症することが考えられます。

肉離れの原因の一つにもなる疲労は、水分補給の不足やミネラルの不足も悪影響を与えます。

体内のミネラルバランスを崩したままでのマラソンは、筋肉の痙攣を引き起こし、肉離れの発症にもつながりかねません。

ふくらはぎの肉離れの治療と予防には?

ふくらはぎの肉離れの治療と予防には、血行を良くすることを中心にした保存療法を行います。

保存療法には、肉離れを発症して1~2日は、安静とアイシング、固定を中心とした治療を行い、自然治癒力を最大限に活かします。

肉離れの発症による患部の腫れ、断裂部位の内出血を抑制することを優先し、それが治まってきたら、温熱療法やマッサージでの血行改善による治療を施します。

この治療には、かなりの時間が必要で、治療後には筋肉の能力低下は避けられず、元の状態に戻すためにはリハビリが必要です。

肉離れの予防には、拮抗筋をトレーニングすることで発症の予防につながります。

筋肉の筋力のアンバランスがあることが、肉離れの可能性を高くします。

予防には、自分の体の筋肉の弱い部分を強化することです。

マラソンでのふくらはぎなどに起こる肉離れの対策

多くのスポーツで、瞬間的な筋肉の収縮を必要とする場合に、肉離れを起こす危険性を秘めています。

マラソンでのふくらはぎなどの肉離れの場合、疲労の蓄積で弱った筋肉に、体内のミネラルバランスの崩れなどが重なることで、筋肉の痙攣を引き起こすことで発症する可能性があります。

マラソン中には、適切な水分やミネラルの補給をすることで肉離れを予防し、発症した場合には、安静とアイシングなど適切な治療をすることです。

肉離れの治療には、自然治癒力を最大限活用した方法がとられ、時間が必要で、回復後には適切なリハビリも必要です。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大




marathon-guideレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする