雨の日に参加するマラソン大会の準備と対策は? 

マラソン大会は、少々の雨模様でも開催され、雨の日に参加する対策としての練習と持ち物などの準備をしておく必要があります。

スポーツの種類によっては、雨の日には競技が成立せず、日程変更をする場合もありますが、マラソン大会は、台風やよほどの気象の影響が考えられる場合でなければ中止になることはありません。

真夏のマラソン大会であれば、走る足元の悪さを除けば、雨の日の方が気温も体温も下げてくれるために、走りやすい場合もあります。

多くのマラソン大会は、真冬の寒い季節に実施されることが多く、走る前の準備と走る際の対策をしておく事は、怪我の予防にもつながります。

マラソン大会での完走後は、体内のエネルギーを奪われるため、体温の低下がおきますので、雨の日には特に注意しておくべきです。

雨の日のマラソン大会への準備は?

雨の日のマラソン大会への準備は、晴天の大会と違って、持ち物が濡れることを想定した用意をする必要があります。

晴天の時であれば、走るときに必要なウェアやシューズ、タオルなどで十分ですが、雨の日には、これらに加えて、ワセリンやランニンググローブ、ツバのあるキャップなども用意しておくことをおすすめします。

雨の日のマラソン大会は、走る前と走った後でも必要になるのが、傘や下着などの着替え、タオル、替えのシューズ、ビニール袋といったものがあげられます。

マラソン大会に持ち込む傘は、折りたたみのタイプのものを使用することをおすすめします。

折りたたみ傘は、走る際に預ける荷物のバッグにしまうことが可能で、紛失の可能性を低くでき、収納の際にも便利です。

雨の日のマラソン大会は、スタート前に雨に濡れることを想定して用具も揃えておくべきで、重宝するのが、大きめのゴミ袋です。

大きめのゴミ袋は、濡れたものをしまうことに使えることは当然ですが、首と手を出せるように切れば、ポンチョがわりに利用することも可能で、上半身の冷えを防ぐことができます。

雨の日のレースを想定した練習も?

雨の日のレースを想定した練習も、日頃の練習に取り入れておくことは、マラソン大会での雨の対策につながります。

通常の練習では、雨の日は別メニューの筋力トレーニングなどに切り替えることが多いと思いますが、あえて雨の日に走り込みの練習をしておくことも、雨に対する経験値を上げることにつながります。

雨の中を走ることは、雨粒が顔に当たる感覚、雨で濡れた路面の感触など、晴天の時には感じない足元の不安定さや滑りやすさ、体の使い方が晴天の時とは、異なります。

これらを体感しておくことは、雨の日のマラソン大会に参加した際には、対策として効果的で、体が雨に対する準備も備わっていることになり、落ち着いて走ることが可能です。

雨の中のトレーニングは、走った後に体を拭くなど、風邪をひかないようなケアを十分にしておく必要があります。

雨の日のマラソン大会には?

雨の日のマラソン大会には、晴天の大会とは違った持ち物の準備が必要です。

晴天の空のもとで気分良く快走したいものですが、マラソン大会の当日の天気は、運次第で、雨の日の場合には、体を冷やさない工夫が必要です。

使い捨てが効く大きめのゴミ袋は、意外と重宝しますので、数枚持参しておくことをおすすめします。

雨の影響での体の冷えを防ぐために利用や、濡れた衣類の収納に活用できます。

日頃の練習においても、雨を想定したことをしておくことで、体と心の準備と対策につながります。