マラソン大会でなるべく疲れない方法は?走り方は?

マラソン大会では、練習とは違い、周囲のランナーとのスピード差やおいていかれることでの劣等感など、精神的にも疲れることが多くあります。

他人との競争を意識しないマラソン大会はあり得ず、仕方のないものですが、なるべく疲れない方法を身につけておくことも必要です。

マラソン大会を走る前には、それなりの準備をしておくことは、必要以上に疲れない方法となることは、いうまでもありません。

足に合った良質のシューズ、体にストレスを感じさせないウエアやグッズといった道具にも気をつけることも、疲れない方法につながります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大




マラソン大会で疲れない方法は?

マラソン大会で疲れない方法は、走る前の準備と走り方にあります。

走る前に、あまりに意気込んで気合を入れてスタートラインに立つことは、必要以上の緊張感と疲れの元にもなります。

結果を気にしすぎることなくスタートラインに、どうにでもなれくらいの気持ちでたった方が、必要以上に疲れない方法といえます。

スタート前の準備運動やストレッチ、軽く5分程度ジョギングしておくと、スタートした後の体の動きがスムーズに順応でき、疲れ方も軽くなります。

走り出したら、いろいろに考えずに、足と手の振りのリズムを崩さずに、自分のペースをキープすることを心がけることです。

マラソン大会参加者には、さまざまなレベルの参加者がいて、必要以上に他のランナーの動きに動揺する必要はありません。

マラソン大会での走り方は?

マラソン大会での走り方は、練習の時の走り方とは違い、周囲に同じゴールを目指しているランナーが大勢います。

レースでは、スタート直後からトップスピードに持っていける実力を持つランナーであれば、それがベストですが、初心者の場合、最後尾から一人ずつ追い越していくくらいのペースでの走り方をおすすめします。

マラソン大会の距離が長ければ長いほど、最初はアップするくらいの気持ちで、最後尾スタートし、徐々に体が温まってきたくらいから、自分の本来のペースにする走り方で、前方のランナーをキャッチアップしていけば、精神的には、抜かれた印象よりも追い越した優越感を味わえ、疲れない方法にもなります。

練習では、フォームやタイムといった要素を考えながら走りますが、マラソン大会では、あまり細かなことは気にせず、腕をよく振って、足との連携を心がけることくらいの意識での走り方をすることが大切です。

練習で身についたフォームやリズムが自然に出ることが、マラソン大会での最も疲れない方法につながります。

マラソン大会では最後尾から一人ずつ追い越す

マラソン大会では、それまで練習してきたことが自然に身体が動ける準備運動とジョギングをしてスタートラインに立つようにします。

必要以上に周囲のランナーの動きに動揺する必要はなく、自分のペースでの走り方をすることが、最も疲れない方法につながります。

初心者の場合、集団に入るよりも、最後尾からスタートし、徐々に自分のペースに体を鳴らしながら、追い越していくような走り方をすることが、精神的にも肉体的にも疲れない方法です。

練習とは違い、マラソン大会では、細かいことはあまり考えず、走るリズムを大切にしてゴールすることです。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大




marathon-guideレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする