雨の日のマラソンの練習について

マラソンの練習を継続していると、雨の日に練習するべきか、サボってしまうか迷うものです。

雨を理由にして練習を休むことは、自己肯定しながら合理的にも思えます。

雨の中を走ることは、実際のレースで雨に遭遇した際の対策にもつながり、練習で経験しておくことは重要です。

ひどい雨の中を無理して練習せずに、筋力トレーニングなどの別メニューのトレーニングに切り替えることも、気分転換になって良いこともあります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大




雨の日のマラソンの練習をする際には?

雨の日のマラソンの練習をする際には、晴天の練習の時とは違った準備をしておくことで、怪我の予防にもつながります。

雨の日には、雨粒が顔にあたることで、視界が悪くなりがちです。

それを防ぐために、雨の日の練習では、ツバのあるキャップを着用するようにし、周囲からの視認性を高めるために、明るい色の物を選択することをおすすめします。

雨に濡れて走る練習では、普段とは違う路面状況での走行方法、濡れたトレーニングウェアやシューズの重みが増した感触を体感できます。

シューズの状態、濡れた足の状態を知ることで、ワセリンの使用などを自分なりに工夫することも可能になります。

雨の日のマラソンの練習の後と変わりの練習は?

雨の日のマラソンの練習の後と変わりの練習は、晴天の練習の時とは違います。

雨の中を走った後は、濡れた体をよく拭いて風邪をひかないケアが必要なことは当然ですが、道具にもケアが必要です。

特にシューズは、汚れや水分をできるだけ取り除き、古新聞などをシューズの中に入れるなどして、乾かすことが必要です。

シューズの手入れをきちんとしておくことで、翌日以降の練習をスムーズに行うことができます。

雨の日に走らず練習する内容としては、筋力トレーニングを室内で行うことも気分転換につながり効果があります。

スクワットやレイズなどの筋力トレーニングとストレッチを組み合わせて練習することで、普段の走り込みの練習での筋肉の疲労の解消や筋力の強化にもつながります。

雨の日には、練習に対する精神的な切り替え、天候への順応性を高めるトレーニングとして活用します。

雨の日の練習の前後にはケアを

マラソンの練習を雨の日にやろうとする場合、晴天の練習の際とは違い、道具や精神的な準備が必要です。

走った後も、濡れた身体とウェアやシューズ類のケアも重要です。

実際の雨の日のマラソン大会を想定した場合、練習で体感しておくことが最も効果的な対策につながります。

雨の日の練習には、気分が滅入った状態になりがちですが、雨の日なりの練習をすることが良質な準備につながります。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大




marathon-guideレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする