小学生の為のマラソン大会に向けての練習のコツは?

冬の寒い時期に学校で行われているマラソン大会が、小学校でも行われていますが、長距離の持久走の経験の少ない子供の練習にはコツがあります。

小学生といえば、体育の授業で短距離走には馴染みがあるものの、長距離の持久走の経験は少なく、無理をすると成長に影響したり、怪我をすることもありえます。

小学生にマラソン大会のための練習をさせる際に、最も大事なことは「無理をさせない」ことです。

大人でも長距離を走ることには、呼吸の苦しさや足腰のつらさなど、心身共に負荷を感じるものです。

体の出来上がっていない小学生の場合、長距離を走ることだけを念頭におくのではなく、目先を変えた体を動かす練習をすることがコツです。

小学生を練習させるコツは?

小学生を練習させるコツは、マラソンの練習だからといって走り込みをさせるのではなく、遊びの中で体を動かせることを中心とした練習をすることがコツです。

小学生のマラソンの目的は、長距離を早く走ることではなく、成長に必要な心肺機能の発達を促し、筋力や体力の増強のためと考えれば、鬼ごっこやボールを使った遊びの中で徐々に体力や筋力をつけるべきです。

小学生のマラソン大会は、名称こそマラソンといいますが、距離も長くても数キロ程度ですから、本格的な走り込みを行うより、想定される走る時間を動き続けるだけの体力をつけてあげるようにすることで十分です。

走る時間の間、体を動ける状態に練習しておくことで、実際の長距離走の苦痛感をやわらげることにつながります。

また、小学生のマラソン大会の準備に、保護者の方が一緒にジョギングすることで、親子の会話にもつながり、練習としては良い効果が期待できます。

小学生の長距離の練習で注意することは?

小学生の長距離の練習で注意することは、骨や筋肉が本来の大人の状態にまで成長しておらず、無理な練習は怪我のもとであり、その後の成長にも影響があります。

決して、距離を長く設定した練習や、単調な反復練習による長時間の負荷をかけないことです。

長時間の単調な走り込みは、長距離に対する嫌悪感だけを植え付け、精神的に持久走に対する苦手意識を刷り込むことにもなりかねません。

マラソン大会の当日には、できるだけ頑張ることと、同じペースで走ることをアドバイスしてあげることです。

周囲に速い人がいて、おいていかれても、自分のペースで最後まで走りきることが大事ということを、教えてあげておくべきです。

早く走ること、人より先にゴールすることではなく、練習で楽に走れるランニングフォーム、腕の振り、足の運び方といったものを教えてあげることが、練習のコツであり、注意することです。

小学生のマラソン大会の練習のコツは、親子の会話?

小学生のマラソン大会の練習のコツは、持久走をもとに、親子でジョギングしたり、公園で鬼ごっこをしたりすることで体力をつけることです。

マラソン大会という一つのイベントを通して、親子で共通の話題について話し、コミュニケーションの中で、いろいろに教えることができます。

小学生のマラソンには、本格的な走り込みや速さを求めるのではなく、順調な成長のための心肺機能の発達や筋力や体力の増強であることを、教える側の大人が認識しておくべきです。

体を動かす遊びの中から、長距離に必要な体力をつけてあげることが、練習のコツともいえます。