マラソンの練習メニューに縄跳びの効果は?

マラソンの練習には、走ることが中心ですが、それに付随して筋力トレーニングや気分転換的なトレーニングを取り入れることで効果を上げることが可能です。

その走る以外の練習メニューに縄跳びを取り入れることは、意外にもマラソンに有効な効果が期待できます。

縄跳びの練習をすることは、呼吸法や走るリズムのコツにつながる効果が期待でき、心肺機能の向上にもつながります。

縄跳びの練習に集中することで、マラソンの練習にメリハリをつけることが可能で、効果も期待できます。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大




縄跳びの練習をすることでマラソンの上達は?

縄跳びの練習をすることでのマラソンの上達は、心肺機能の向上やスタミナアップではかることができます。

縄跳びの練習で走ることのテクニックの向上をはかるのではなく、それに必要な脚のリズムや呼吸法の習得ができます。

縄跳びで100回をいかに早く跳ぶかを練習することで、マラソンの練習のピッチの練習にもつながり、逆に長い時間をゆっくり跳ぶことを練習することで、バランス感覚とスタミナの練習につながります。

跳び方を変えた練習による負荷は、マラソン練習のロングスローディスタンスやインターバルトレーニングに似た効果を期待したものに通じます。

縄跳びの練習には、それほど広い場所を必要とせず、簡単に練習することが可能で、短時間でも効果を積み上げることができます。

マラソンに活用する縄跳びの練習は?

マラソンに活用する縄跳びの練習は、走る前の準備運動にも簡単に取り入れることができ、筋肉トレーニングの効果も期待できます。

マラソンの練習の休養日などに、気分転換を兼ねて縄跳びを跳ぶことは、単純に遊びのひとつとして楽しむこともでき、マラソンへの効果もあります。

縄跳びやロードバイクといった、一見するとマラソンに関連性がないものも、その運動の共通点や効果を考えると、走ることだけではないトレーニングとして活用ができます。

走ることだけのマラソン練習ではなく、目先を変えたトレーニングを取り入れることでの気分転換にもつながり、相乗効果を生み出します。

縄跳びの練習をする際などには、走る練習をしていないというネガティブな思考をやめ、練習効果を考えた集中して楽しみながら、練習することをおすすめします。

マラソンの練習には走る以外の方法も?

マラソンの練習を始めると、毎日走っていないと不安やざわざわした感じを覚える経験をしたランナーも多いはずです。

特に、初心者のランナーは、雨や体調が優れない日でも、走らなくてはという義務感に襲われることもありえますが、そんな時には、縄跳びなどの練習で気分転換をはかることが効果的です。

縄跳びの練習では、マラソン同様、有酸素運動による心肺機能の向上や脚のリズム感などに加え、練習方法によって呼吸法も習得が可能です。

短時間の練習でも、走ることにつながる効果が期待でき、練習に取り入れることをおすすめします。

スポンサーリンク
marathon-guideレクタングル大




marathon-guideレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする